2007年8月16日 (木)

ベーチェット病と闘いながら甲子園出場を果たした、愛工大名電の選手にあっぱれ!

今朝の情報番組をみて、初めて知った。

国から、難病指定を受けているベーチェット病にかかりながらも、甲子園出場を果たした選手が、愛工大名電にいた。

柴田君。

大病と闘いながらも、夢の甲子園に出場した、柴田君にあっぱれである。

試合途中から、リリーフ登板も果たす。

難病にかかれば、普通ならば、腐ってしまうところだ。

しかし、この柴田君は、諦めなかった。

その精神力とポジティブな思考にわれわれも見習いたいものである。

また、その選手を育て続けた、両親、監督、野球部員達にも、あっぱれをあげたい。

試合は、一回戦で創価高校に負けはしたが、立派なものだ。

野球の素晴らしさを、ここでも垣間見た気がする。

益々、高校野球の魅力にはまっていく。

オンライン書店 boople.com(ブープル)

| | コメント (0) | トラックバック (1)