2008年3月30日 (日)

中日ドラゴンズの新しい応援スタイルに「あっぱれ」

Asahi.comに以下のような記事が掲載されていた。

「12球団と警察庁などでつくるプロ野球暴力団等排除対策協議会は、中日の私設応援団2団体に対し、応援活動禁止を決めた。組織的応援ができる特別応援許可を出さず、うち1団体の一部会員26人は全球場への入場を禁止。26日までに正式通達を送付した。同協議会は03年12月に発足。暴力団排除の目的で06年シーズンから私設応援団を許可制としている。」

一昨日から、J-sportsを観ていて特に気にならなかったが確かにトランペットの音がなかった。
大きな旗も振られていなかった。
しかし、応援はしっかりされており、大旗やトランペットのある時に比べても、全く遜色無かった。
寧ろ声援の地響きが心地よかった。
このまま「鳴りもの」がなくても立派な応援として根付いていくのではないだろうか。
純粋な野球ファンとして、この「大旗/鳴りもの」無しの応援を後押ししたい。
試合中に「鳴りもの」は気にならないというコメントをするプレーをするプロ選手もいるが、殆どの選手は攻守にかかわらず「鳴りもの」による思考力の低下の影響はある筈。
「鳴りもの」でリズムが狂って、全力が出しきれない選手もいるのではないだろうか。
「鳴りもの」がなくなれば、選手のリズムを狂わせたり思考力を低下させたりすることはなくなり良いプレーがもっとたくさん観られるのではと期待している。
確かに、メジャーリーグには「大旗/鳴りもの」の応援が無い。
その分、選手(特に打撃面)はプレーに集中できており良い結果がでている。
日本のプロ野球もこのような「鳴りもの」なしの応援をどんどん後押ししてほしいものだ。

幸か不幸か、中日ドラゴンズの応援には「大旗/鳴りもの」が無くなった。
この影響は、「吉」とでることは間違いないだろう。

キリンヤクルトネクストステージの健康食品「ウェルスタイルショップ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

品のないサッカー中国代表およびフーリガン化している中国サポーターに「喝」

大丸

先日のサッカー東アジア選手権,「日本対中国」の試合に「喝」を言いたい。
試合を観たい人は皆感じたと思うが、中国代表選手のプレーの品のないことannoy
あのあからさまなラフプレイの多さsign03
とても国際マッチsoccerに相応しくないプレースタイルだ。
AFC,FIFAともこのような国に対しては、向こう数年間の国際試合出場停止等の制裁を課してほしい。
また、ホームだから仕方ないところもあるが、中国のサポーターの品もなさ過ぎた。
フーリガン化していた。
FIFAや各国連盟は、フーリガンがW杯といった国際マッチの試合の観戦ができないように閉め出している。
中国は、フーリガンが堂々と試合で品のない行為をしていた。
これは頂けない。
中国にサッカー連盟があるのなら、観客の手荷物検査なり、フーリガンの顔がわかっているのだから試合会場にはいれないように入場制限をしてもらいたいものだ。

このように、国を挙げて品のない行為がおこなわれていると、今後、中国でサッカーの国際マッチを行うこと自体考えなければいけないのではなか。
このところ中国で、選手権の開催回数が多くなっている。
韓国、台湾、日本での選手権開催に会場を変更した方がいいだろう。
選手、サポーターの命も危ぶまれる状況になってきているからだ。

経済的には発達してきた中国であるが、国民性はまだまだ発達していない、未熟なレベルだ。
スポーツの国際試合の開催地に選出するのは、まだまだ時期早々なのではなかろうか。

大丸

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

日本プロ野球界を嘗めたジェレミー・パウエル」に”喝”

オリックスとソフトバンクの間で、2重契約問題でもめている「ジェイミー・パウエル」元ジャイアンツ投手。
オリックスとの契約書へのサインに関して発表された代理人のクレイグ・ランディスの「コメント」。

「『ビザを取得するうえで必要だから』と言われて、サインしたが、年俸額は記入されていなかった。まだ細部も詰めていなかったし、我々は正式な契約書とは思わなかった」。

このコメントは非情に日本を嘗めているとしか思えない。
「ビザを取得する=そこで働く意志表示のサイン」である。
もし、これがあくまでビザを取得するのが主眼でソフトバンクで働くと言うことならば、虚偽申請になるのではなかろうか。
非情に嘗めた行為である。
プロ野球ファンとしてもスポーツマンという立ち場からも許せない行為と考える。

今回の問題は、本人と代理人双方の日本プロ野球界に対しての姿勢が問われるもの。
このような人物を日本球界は雇用しない方針を打ち出さないと、どんどんこのような外国人選手が増えてくるのではないだろうか。


QVCジャパン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月16日 (金)

日本のFA制度にもの申す

01
プロ野球もストーブリーグに突入した。
今年は、FA宣言した選手が7人と過去最高の人数になった。
このFA制度について、ものを申したい。
今の日本でFAを行使できるのは、実働9シーズンの選手である。
実働9シーズンの選手は、大概がそのチームの中心選手になっており、高額な年棒をもらっているような待遇である。
その選手がFA宣言をする。
国内で、FAが成立すれば、移籍先球団から1.5倍の年棒あるいは年棒+選手一人の保証がある。
海外での成立の場合は、メジャーの条項が適用になる。
一握りの活躍している選手たちにとっては、有利な制度ではある。
反対に、プロ野球チームを抱える球団やファンにとっては、面白くない制度になってしまっている。

そもそもFA制度は、球団の戦力の公平性を追い求めて導入されたものだ。
しかし、国内の現状は、球団にお金があるチームが有利になっている。
海外となると、さらにマネーゲーム化してしまい、国内球団は太刀打ちできない。
つまり、国内でも海外でもマネーゲーム化になってしまい、日本球界が空洞化の危機に直面しているということだ。

どうしたらいいか?
「国内でも海外でもFAが成立したら、移籍元球団は移籍先球団から、欲しい選手をFA流出選手に対しての保証として指名できるようにすべきだ。」
MLBとも、日本野球機構はこのような取り交わしをしないとだめだ。
そうすれば、金銭的に余裕の無いチームであっても、中心選手がFAで抜けたとしても、補強が可能となる。
チームごとの戦力も均衡化する。
また日本人選手が海外で活躍する場が増えると同時に、日本にメジャーリーグで活躍する選手を呼ぶ事が出来て、プロ野球界の活性化に繋がる。

NPBと選手会、そしてMLBは世界的な野球の発展を目指して、FA制度の見直しを図るべきで時がきているという認識を持ってもらいたいと切に願う。

【藤井リナ登場】LagunaMoonカタログをプレゼント。手に入れられるのはココだけ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月11日 (日)

アジアシリーズ/中日ドラゴンズに「喝」

今年のアジアシリーズは、日本代表は「中日ドラゴンズ」。
初日の、韓国SK戦、みっともない試合を展開して、初めての日本チームの「負け」を記録した。
過去2戦、ロッテ/日本ハムは、負けたことがなかった。
今回、初めて「中日ドラゴンズ」が負けを記録した。
恥ずべき記録だ。
「大喝」である!!!
日本一の称号を取り消されてもおかしくない試合だった。
エラーエラーエラー。
しかも、タイロンウッズを、帰国させての試合。
アジアシリーズを中日ドラゴンズ首脳陣が嘗めているとしか思えない。
このチームとして、アジアNo.1を決定するこのシリーズを疎かにしているのではないだろうか。
将来的にこのアジアシリーズは、サッカーのトヨタカップのような、世界規模でチームNo.1を決める大会に発展させる計画になっている。
その礎をつくっている段階で、主導権を握っている日本の代表チームが、今回のような姿勢では他国に示しがつかない。
野球ファンとしてとてもがっかりさせられている、今回のアジアシリーズである。

キリン ヤクルト ネクストステージ ウェルスタイルショップ 『リエータ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 2日 (金)

中日ドラゴンズ、落合監督にあっぱれ

66_2
昨日の日本シリーズ、中日ドラゴンズが日本一を決めた。
半世紀を越す、53年振りの日本一。
球団関係者も、ファンも、選手たちも手放しに喜んだだろう。

しかし、日本一を決める第5戦の中日の継投采配に、マスコミが異論を唱え始めている。
8回迄パーフェクトだった山井投手を、9回に絶対の守護神、岩瀬投手に交代させた采配に対して、難癖つけているものだ。
深夜番組で、楽天の野村監督、阪神の星野GMが、自分だったら交代させないとの意見を受けて、それに便乗した感がある。
ある経済新聞のスポーツ欄は、エンターテイメントとしていかがなものかというような論調だ。

落合監督が、テレビで裏話を教えてくれていたが、山井投手は指のまめがつぶれていっぱいいっぱいな状態だったそうだ。
指のまめがつぶれている投手を投げ続けさせる監督がどこにいるだろうか?
指のまめがつぶれたりしていなかったら、プライドを重んじる落合監督ならば、続投させた。
賢明な判断だった。
山井投手も、個人の偉業よりも、チームの日本一を望んでいた。
絶対の守護神が後を投げてくれるのならと、安心してマウンドを降りたと思う。
ましてや、53年間日本一になっていないチーム事情がある。
自分が山井投手の立ち場であれば、同様に、潔く交代を申し出たであろう。

やはり落合監督は名将と言えよう。
あっぱれである。

ガンダマー・ドットコム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月15日 (月)

亀田大毅へのペナルティに「もの申す」

予想通り、今日JBCが、亀田大毅選手と同選手を取り巻く関係者に対してのペナルティが正式に下された。

亀田大毅は一年のライセンス停止。
父親の史郎氏は、セコンドライセンスの無期限停止。
兄の興毅は厳重戒告。
協栄ジムオーナーには3ヶ月のクラブオーナーライセンス停止。

この処分、軽いか?重いか?妥当なのか?
史郎氏の威嚇行為に対してのペナルティは妥当だろう。
興毅に対しての戒告は、軽過ぎると考えられる。
もっと重いペナルティが妥当だろう。
そして、大毅選手に対して1年のライセンス停止も、軽いものと考えられる。

ボクシングは列記としたスポーツだ。
喧嘩の延長ではない。
そのスポーツの世界戦を冒涜した行為にも程がある。
スポーツマンシップということを考えると、もっと重い処分を下してもよかったのではないだろうか。


世界の著名デザイナー木製名作小椅子 nextmaruni

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月14日 (日)

中日ドラゴンズ 森野と川上に「あっぱれ」

11
31
セリーグ史上初のクライマックスシリーズが開催された。
先ず第一ステージは、中日ドラゴンズ対阪神タイガース。
結果は、中日ドラゴンズが2連勝で、セカンドステージに駒を進める事になった。
この二試合をみて、あっぱれだったのは、「川上」がエースの風格を見せる素晴しいピッチングをしたこと。
そして、「森野」が勝利を呼びこむバッティングをしたことだ。
特に、第一戦のあっぱれ。
森野の先制タイムリーと駄目押し3ラン。
森野は、今年一番成長した選手であるといってもいいだろう。
そして、川上が7回無四球「ゼロ」で制球もキレも良いピッチングをした。
だれも文句のつけようがなかった。
第2戦は、森野が、初回先制タイムリーを呼び込むクリーンヒット。

今週末から、いよいよファイナルの第2ステージが、始まる。
ジャイアンツとドラゴンズの戦いだ。
レギュラーシーズンではどちらも最後迄接戦を演じた。
短期決戦ではどっちが「あっぱれ」な試合を展開するかが楽しみである。

ワイナリー和泉屋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月12日 (金)

亀田家のボクシングに「喝」

昨日の、WBCフライ級の王者防衛戦。
亀田大毅の反則行為に、ボクシング界のみならず世界中が、ブーイングの声を上げ始めているようだ。
毎日新聞の記事に寄ると、
「日本ボクシングコミッション(JBC)は、亀田陣営への処分を協議する倫理委員会を開くそうだ。JBCは、「警告」「厳重戒告」「ライセンス停止」「ライセンスはく奪」などの処分が濃厚。Jセコンドに付いた亀田兄弟の長兄・興毅が反則行為を指示した疑いがあるとして、ビデオ解析を行う。処分対象者は、亀田大、亀田興のほか、所属する協栄ジム、父の史郎トレーナー(42)も含まれるという。」
そして、内藤大助は、「両目の腫れはすべてサミングのため。試合途中から亀田はくっつくとサミングし、太ももを打ってきた」と説明。試合開始前のレフェリー注意の際、亀田大の父史郎トレーナーが「なんじゃ、こら!」などと言いながら体を寄せてきたことも明かし、「これは脅し。許されない」と訴えている。

これはもう、亀田家が、ボクシングというスポーツをしていたとは言い難い。
街のチンピラの喧嘩と変わらない。
テレビを観ていても不快感が募るばかりだった。
ほんとうに「喝」である。
スポーツマンシップに欠ける!
厳重に処分されるべき行為だったと考える。


PLANET GREEN e-store(ザ・ノース・フェイス)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年10月 2日 (火)

プロ野球リーグ優勝の決め方にもの申す

以下は、NPBの公式HPのQ&Aから優勝決定方法とクライマックッシリーズの位置付けの抜粋である。

セ・リーグの順位 決定方式は?
勝率により順位 を決定します。勝率第1位の球団を、年度優勝球団といたします。  
2球団以上が勝率で並んだ場合は、そのなかで最も勝利数の多い球団を上位 とします。

勝率も勝利数も同じ球団が二球団以上となった場合は、
(1)シーズン中の当該球団間の対戦勝率が高い球団を上位とします。
(2)当該球団間の対戦勝率が同じ場合は、前年度順位が上位の球団を上位とします。

クライマックス・シリーズとはどんな制度?

*2007年度より新設。

レギュラー・シーズンの上位3球団で、日本シリーズ出場球団決定試合(クライマックス・シリーズ)を行います。
第1、第2ステージに分けて行い、第2ステージの勝者が日本シリーズに出場します。

クライマックス・シリーズ出場球団は、クライマックス・シリーズ開幕予定日の2日前までに組み込まれた日程終了時点の順位をもって確定します。

【クライマックス・シリーズの規定(概要)】
(イ) (出場資格)レギュラー・シーズンの1位、2位、3位球団とする。ただし、クライマックス・シリーズ開幕予定日の2日前までに組み込まれた日程終了時点の順位をもって確定する。天災・天候不順等の特別な事情により、この時点で未消化の試合は打ち切ることがある。
(ロ) (試合方式)第1、第2ステージを行って勝者を決定する。
(1) 第1ステージは2位、3位球団間の3試合制とし、先に2勝した球団を勝者とする。すべての試合で2位球団をホームチームとする。
(2) 第2ステージは1位球団と第1ステージ勝者の5試合制とし、先に3勝した球団を勝者とする。すべての試合で1位球団をホームチームとする。
いずれのステージでも、引き分けを除いた勝数が同じ場合は、上位球団を勝者とする。


日本一を決める日本シリーズに出場できるのは、リーグの優勝チームでないといけないと考える。
現行の制度だと、必ずしもリーグ優勝チームが日本一を決める日本シリーズにでるとは限らない矛盾した制度だ。
リーグ優勝したチームが、日本一を決めるシリーズに出場できないのは理不尽なこと。
この矛盾の帳尻を合わせるのが今後の課題だ。
帳尻を合わせるには考え方を変えれば良いのではないだろうか。
レギュラーシーズン144試合を終えての勝率で優勝チームを決める現行の制度を変えればよい。
勝率で順位を決めるのは、数で区切って決めるのでなく、時間で区切って決めたらどうか。
そして、その時間で区切られた時点で勝率上位3球団が、プレーオフの優勝争いに参加できる権利を得る。

例えば、9月20日時点での各チームの勝率で順位を決めて、この時点での上位3球団がプレーオフに出場し、勝ち抜いたチームがリーグ優勝チームとして日本シリーズに出場できる。

基準を変えれば、いまの矛盾は解決できる。
あとは、雨天で主催ゲームができなかった場合を配慮すればいい。
基準日までにダブルヘッダーのセッティングにするとか、クライマックッシリーズの興行収入をリーグチームで分配するといった配慮をすればいいと考える。
場合によっては、割り切って消化試合としてしまうといったことも考えられる。

現状の制度では、矛盾が大きい。
せっかく盛り上がってきたのだから、矛盾をなくして、もっとプロ野球を盛り上げていってもらいたいものである。

リンク先:特集レインコート特集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧