« NHK職員のインサイダー取引の裏に見えるマスメディア業界の杜撰なモラル管理に”もの申す” | トップページ | 日本プロ野球界を嘗めたジェレミー・パウエル」に”喝” »

2008年2月 2日 (土)

毒物入り中国産餃子問題に”喝”

やはり、おこるべくしておこった中国産「毒入り餃子」。
ちょっと前には、段ボールで作った豚まん問題が取りざたされたばかりだ。

中国の食の安全には、かねてから疑問符がついていた。
経済的な発展を第一に考えるあまり、人体に与えるリスク管理が全くなされていない。
日本や他の先進諸国に比べて、食品に関しての規制や、農薬や化学薬品の使用ルール等の整備や管理が遅れている。
杜撰な状態だ。
かつて、中国の食に関しては、農薬や化学物質の使用ということはまったく心配することがなかった。
しかし、ここ最近、様相は180度変わってしまった。
世界の食文化を脅かす存在になってしまった。
それはもちろん「危険」という意味である。

今回、中国当局および「毒入り餃子」の製造元の食品メーカーが会見したが、非が無いことを主張していた。
しかしこれを信じて良いものであろうか?
答えは当然ノーである。
中国は、経済的には民主主義を取り入れているが、政治的にはまだ共産主義を徹底している。
非を認めると国の威信に恐れが出るとして、国を挙げて否定していると思える。
或は、意識的に日本を狙って、国を挙げて「毒入り餃子」を製造したとも考えられる。
国を挙げての偽装事件あるいは国際食品テロといっても過言ではない。
いくら騒いでも、中国当局は否定し続けるであろう。

となると、我々は自己防衛をちゃんとしなければいけない。
従来以上に、中国産の食品を摂取しないことが大事であろう。
そうするためには、日本の食料自給率も上げないといけない。
現在日本の自給率は40%で非情に低水準だ。
人口に見合った農作物の作付け面積が必要であると同時に、国は日本の国土に見合った適性人口政策をとるべきであろう。
人口構造がいびつな高齢化なのは問題なのだろうが、少子化自体は決して悪いものではない。
適性人口を目指すとしたら、日本は少子化を目指さないといけない。
人間の排出する温暖化ガス削減対策にもつながる。

結局のところ、中国産の食品を我々がとらなくてもすむような国にすることが大切なのだ。
中国で加工食品を作った方が安いとか、中国産の食材が安いといった、安易な考えは捨てるべき。
日本人は日本で作ったものを食べるといった当たり前のことをすれば、今回のような食品事件は防ぐことができるのだ。
消費者も賢く選択しなければならない。

Just MyShop(ジャストシステム)

|

« NHK職員のインサイダー取引の裏に見えるマスメディア業界の杜撰なモラル管理に”もの申す” | トップページ | 日本プロ野球界を嘗めたジェレミー・パウエル」に”喝” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58075/17932475

この記事へのトラックバック一覧です: 毒物入り中国産餃子問題に”喝”:

« NHK職員のインサイダー取引の裏に見えるマスメディア業界の杜撰なモラル管理に”もの申す” | トップページ | 日本プロ野球界を嘗めたジェレミー・パウエル」に”喝” »