« 2007年10月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年11月16日 (金)

日本のFA制度にもの申す

01
プロ野球もストーブリーグに突入した。
今年は、FA宣言した選手が7人と過去最高の人数になった。
このFA制度について、ものを申したい。
今の日本でFAを行使できるのは、実働9シーズンの選手である。
実働9シーズンの選手は、大概がそのチームの中心選手になっており、高額な年棒をもらっているような待遇である。
その選手がFA宣言をする。
国内で、FAが成立すれば、移籍先球団から1.5倍の年棒あるいは年棒+選手一人の保証がある。
海外での成立の場合は、メジャーの条項が適用になる。
一握りの活躍している選手たちにとっては、有利な制度ではある。
反対に、プロ野球チームを抱える球団やファンにとっては、面白くない制度になってしまっている。

そもそもFA制度は、球団の戦力の公平性を追い求めて導入されたものだ。
しかし、国内の現状は、球団にお金があるチームが有利になっている。
海外となると、さらにマネーゲーム化してしまい、国内球団は太刀打ちできない。
つまり、国内でも海外でもマネーゲーム化になってしまい、日本球界が空洞化の危機に直面しているということだ。

どうしたらいいか?
「国内でも海外でもFAが成立したら、移籍元球団は移籍先球団から、欲しい選手をFA流出選手に対しての保証として指名できるようにすべきだ。」
MLBとも、日本野球機構はこのような取り交わしをしないとだめだ。
そうすれば、金銭的に余裕の無いチームであっても、中心選手がFAで抜けたとしても、補強が可能となる。
チームごとの戦力も均衡化する。
また日本人選手が海外で活躍する場が増えると同時に、日本にメジャーリーグで活躍する選手を呼ぶ事が出来て、プロ野球界の活性化に繋がる。

NPBと選手会、そしてMLBは世界的な野球の発展を目指して、FA制度の見直しを図るべきで時がきているという認識を持ってもらいたいと切に願う。

【藤井リナ登場】LagunaMoonカタログをプレゼント。手に入れられるのはココだけ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月11日 (日)

小沢一郎と民主党に「喝」、今すぐ民主党は解散を

先週、小沢一郎氏が民主党代表を辞任するという記者会見を行いながら、数日後には辞任を撤回するというドタバタ劇を演じた。
誠に「喝」である。
バカにするのもいい加減にしろ!と言いたい。
小沢一郎という人物は、想像するに、議論をして人を説き伏せる事ができない人物。
言葉で自分の考えを表現するのが苦手。
自分でも、そのような事を釈明している。

果たして、そんな人物が、政党の党首をしていていいのだろうか?
政治家でいていいのだろうか?
そんな人物が党首をしている民主党は大丈夫なのだろうか?
口べたで、自分の考えを思うように述べられないというのは、政治家として失格なのではないだろうか?

政治家は弁が立たねば、全く役に立たない。
弁が立たない小沢一郎は、厳つい顔だけで、いままで政界を渡ってきたのだろう。
その小沢一郎を党首に推す民主党議員たちは、小沢一郎に輪をかけて弁が立たないことになる。
参議院選で民主党は健闘したが、ここまでだ。
民主党は、やはりまだまだ子供で未熟な政治家の集まりだ。
そんな政党に日本をまかせておく事はできない。
これが今の国民の民意であろう。

Gigabyte製  ノートパソコン 日本初上陸!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アジアシリーズ/中日ドラゴンズに「喝」

今年のアジアシリーズは、日本代表は「中日ドラゴンズ」。
初日の、韓国SK戦、みっともない試合を展開して、初めての日本チームの「負け」を記録した。
過去2戦、ロッテ/日本ハムは、負けたことがなかった。
今回、初めて「中日ドラゴンズ」が負けを記録した。
恥ずべき記録だ。
「大喝」である!!!
日本一の称号を取り消されてもおかしくない試合だった。
エラーエラーエラー。
しかも、タイロンウッズを、帰国させての試合。
アジアシリーズを中日ドラゴンズ首脳陣が嘗めているとしか思えない。
このチームとして、アジアNo.1を決定するこのシリーズを疎かにしているのではないだろうか。
将来的にこのアジアシリーズは、サッカーのトヨタカップのような、世界規模でチームNo.1を決める大会に発展させる計画になっている。
その礎をつくっている段階で、主導権を握っている日本の代表チームが、今回のような姿勢では他国に示しがつかない。
野球ファンとしてとてもがっかりさせられている、今回のアジアシリーズである。

キリン ヤクルト ネクストステージ ウェルスタイルショップ 『リエータ』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 2日 (金)

中日ドラゴンズ、落合監督にあっぱれ

66_2
昨日の日本シリーズ、中日ドラゴンズが日本一を決めた。
半世紀を越す、53年振りの日本一。
球団関係者も、ファンも、選手たちも手放しに喜んだだろう。

しかし、日本一を決める第5戦の中日の継投采配に、マスコミが異論を唱え始めている。
8回迄パーフェクトだった山井投手を、9回に絶対の守護神、岩瀬投手に交代させた采配に対して、難癖つけているものだ。
深夜番組で、楽天の野村監督、阪神の星野GMが、自分だったら交代させないとの意見を受けて、それに便乗した感がある。
ある経済新聞のスポーツ欄は、エンターテイメントとしていかがなものかというような論調だ。

落合監督が、テレビで裏話を教えてくれていたが、山井投手は指のまめがつぶれていっぱいいっぱいな状態だったそうだ。
指のまめがつぶれている投手を投げ続けさせる監督がどこにいるだろうか?
指のまめがつぶれたりしていなかったら、プライドを重んじる落合監督ならば、続投させた。
賢明な判断だった。
山井投手も、個人の偉業よりも、チームの日本一を望んでいた。
絶対の守護神が後を投げてくれるのならと、安心してマウンドを降りたと思う。
ましてや、53年間日本一になっていないチーム事情がある。
自分が山井投手の立ち場であれば、同様に、潔く交代を申し出たであろう。

やはり落合監督は名将と言えよう。
あっぱれである。

ガンダマー・ドットコム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2008年1月 »