« 亀田大毅へのペナルティに「もの申す」 | トップページ | 中日ドラゴンズ、落合監督にあっぱれ »

2007年10月23日 (火)

「赤福」消費期限切れ商品再販問題についてもの申す

国民的なお土産「赤福」をめぐっての報道が毎日のようになされている。
賞味期限切れの商品を再販した事に対してマスコミがこぞってバッシングしている。

もちろん「赤福」サイドの落ち度はある。
賞味期限の期間がそもそも妥当な期間だったのだろうか?
当社として見直す事をなぜしてこなかったのか?
賞味期限自体を長く設定すれば、今回のような騒ぎはおこらなかったのではないだろうか?
「白い恋人」のメーカーも同様である。

「賞味期限」とは、
「容器包装の開かれていない製品が表示された保存方法に従って保存された場合に、その製品として期待されるすべての品質特性を十分に保持しうると認められる期限」と定義されている。

その期限の設定方法は、
「食品に表示される「賞味期限」等の期限は、その食品の品質保持に関する情報を把握する立場にあり、当該製品に責任を負う製造業者等が科学的、合理的根拠をもって適正に設定すべきものである。
 この場合、「賞味期限」の設定は、摂取可能であると期待される品質を有すると認められる期限の場合より短いものとなる。
 期限の設定に当たって製造業者等は、食品の特性に応じて、理化学試験、細菌試験、官能試験等を行うとともに、これまでの経験や知識等を有効に活用することが必要」とされている。

つまり製造業者が、社内で賞味期限を決めているだけであり、第3者によって決められているものではない。
だから、今回の再販問題にかんして、そもそもの賞味期限をなぜ見直さなかったのかが、不思議でたまらない。
企業努力がたらなかったのか...。

ただこの「赤福」は、国民的お土産であり、歴史のある商品故、社会から排除されるようなことはあってはならない。
今一度企業努力をして、製造販売の立て直しを図ってもらいたいものである。

ユーブック

|

« 亀田大毅へのペナルティに「もの申す」 | トップページ | 中日ドラゴンズ、落合監督にあっぱれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58075/16852991

この記事へのトラックバック一覧です: 「赤福」消費期限切れ商品再販問題についてもの申す:

« 亀田大毅へのペナルティに「もの申す」 | トップページ | 中日ドラゴンズ、落合監督にあっぱれ »