« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月23日 (火)

「赤福」消費期限切れ商品再販問題についてもの申す

国民的なお土産「赤福」をめぐっての報道が毎日のようになされている。
賞味期限切れの商品を再販した事に対してマスコミがこぞってバッシングしている。

もちろん「赤福」サイドの落ち度はある。
賞味期限の期間がそもそも妥当な期間だったのだろうか?
当社として見直す事をなぜしてこなかったのか?
賞味期限自体を長く設定すれば、今回のような騒ぎはおこらなかったのではないだろうか?
「白い恋人」のメーカーも同様である。

「賞味期限」とは、
「容器包装の開かれていない製品が表示された保存方法に従って保存された場合に、その製品として期待されるすべての品質特性を十分に保持しうると認められる期限」と定義されている。

その期限の設定方法は、
「食品に表示される「賞味期限」等の期限は、その食品の品質保持に関する情報を把握する立場にあり、当該製品に責任を負う製造業者等が科学的、合理的根拠をもって適正に設定すべきものである。
 この場合、「賞味期限」の設定は、摂取可能であると期待される品質を有すると認められる期限の場合より短いものとなる。
 期限の設定に当たって製造業者等は、食品の特性に応じて、理化学試験、細菌試験、官能試験等を行うとともに、これまでの経験や知識等を有効に活用することが必要」とされている。

つまり製造業者が、社内で賞味期限を決めているだけであり、第3者によって決められているものではない。
だから、今回の再販問題にかんして、そもそもの賞味期限をなぜ見直さなかったのかが、不思議でたまらない。
企業努力がたらなかったのか...。

ただこの「赤福」は、国民的お土産であり、歴史のある商品故、社会から排除されるようなことはあってはならない。
今一度企業努力をして、製造販売の立て直しを図ってもらいたいものである。

ユーブック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月15日 (月)

亀田大毅へのペナルティに「もの申す」

予想通り、今日JBCが、亀田大毅選手と同選手を取り巻く関係者に対してのペナルティが正式に下された。

亀田大毅は一年のライセンス停止。
父親の史郎氏は、セコンドライセンスの無期限停止。
兄の興毅は厳重戒告。
協栄ジムオーナーには3ヶ月のクラブオーナーライセンス停止。

この処分、軽いか?重いか?妥当なのか?
史郎氏の威嚇行為に対してのペナルティは妥当だろう。
興毅に対しての戒告は、軽過ぎると考えられる。
もっと重いペナルティが妥当だろう。
そして、大毅選手に対して1年のライセンス停止も、軽いものと考えられる。

ボクシングは列記としたスポーツだ。
喧嘩の延長ではない。
そのスポーツの世界戦を冒涜した行為にも程がある。
スポーツマンシップということを考えると、もっと重い処分を下してもよかったのではないだろうか。


世界の著名デザイナー木製名作小椅子 nextmaruni

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月14日 (日)

中日ドラゴンズ 森野と川上に「あっぱれ」

11
31
セリーグ史上初のクライマックスシリーズが開催された。
先ず第一ステージは、中日ドラゴンズ対阪神タイガース。
結果は、中日ドラゴンズが2連勝で、セカンドステージに駒を進める事になった。
この二試合をみて、あっぱれだったのは、「川上」がエースの風格を見せる素晴しいピッチングをしたこと。
そして、「森野」が勝利を呼びこむバッティングをしたことだ。
特に、第一戦のあっぱれ。
森野の先制タイムリーと駄目押し3ラン。
森野は、今年一番成長した選手であるといってもいいだろう。
そして、川上が7回無四球「ゼロ」で制球もキレも良いピッチングをした。
だれも文句のつけようがなかった。
第2戦は、森野が、初回先制タイムリーを呼び込むクリーンヒット。

今週末から、いよいよファイナルの第2ステージが、始まる。
ジャイアンツとドラゴンズの戦いだ。
レギュラーシーズンではどちらも最後迄接戦を演じた。
短期決戦ではどっちが「あっぱれ」な試合を展開するかが楽しみである。

ワイナリー和泉屋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月12日 (金)

亀田家のボクシングに「喝」

昨日の、WBCフライ級の王者防衛戦。
亀田大毅の反則行為に、ボクシング界のみならず世界中が、ブーイングの声を上げ始めているようだ。
毎日新聞の記事に寄ると、
「日本ボクシングコミッション(JBC)は、亀田陣営への処分を協議する倫理委員会を開くそうだ。JBCは、「警告」「厳重戒告」「ライセンス停止」「ライセンスはく奪」などの処分が濃厚。Jセコンドに付いた亀田兄弟の長兄・興毅が反則行為を指示した疑いがあるとして、ビデオ解析を行う。処分対象者は、亀田大、亀田興のほか、所属する協栄ジム、父の史郎トレーナー(42)も含まれるという。」
そして、内藤大助は、「両目の腫れはすべてサミングのため。試合途中から亀田はくっつくとサミングし、太ももを打ってきた」と説明。試合開始前のレフェリー注意の際、亀田大の父史郎トレーナーが「なんじゃ、こら!」などと言いながら体を寄せてきたことも明かし、「これは脅し。許されない」と訴えている。

これはもう、亀田家が、ボクシングというスポーツをしていたとは言い難い。
街のチンピラの喧嘩と変わらない。
テレビを観ていても不快感が募るばかりだった。
ほんとうに「喝」である。
スポーツマンシップに欠ける!
厳重に処分されるべき行為だったと考える。


PLANET GREEN e-store(ザ・ノース・フェイス)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年10月 3日 (水)

民主党、自動車税制案にもの申す!

日本経済新聞によると、民主党の税制案に自動車取得税と自動車重量税廃止を盛り込むそうだ。
この案にもの申す!
理由は、地球温暖化抑止に逆行することになりうるからだ。
この二税が廃止されれば、化石燃料を使う自動車の取得者がふえ、ガソリンの消費量が増えてしまう。
温暖化ガス排出量増加に直接繋がる。
世界が懸念する共通の問題点を理解できていない。
自然科学を知らなさすぎる。
EV技術が向上し、EVを購入する場合に取得税を免除されるのなら賛同できる。
いまの自動車開発技術の時代では、民主党の税制案には賛同できない。
温暖化ガスの仕組みを知らなさすぎることには喝!

テニス365

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 2日 (火)

プロ野球リーグ優勝の決め方にもの申す

以下は、NPBの公式HPのQ&Aから優勝決定方法とクライマックッシリーズの位置付けの抜粋である。

セ・リーグの順位 決定方式は?
勝率により順位 を決定します。勝率第1位の球団を、年度優勝球団といたします。  
2球団以上が勝率で並んだ場合は、そのなかで最も勝利数の多い球団を上位 とします。

勝率も勝利数も同じ球団が二球団以上となった場合は、
(1)シーズン中の当該球団間の対戦勝率が高い球団を上位とします。
(2)当該球団間の対戦勝率が同じ場合は、前年度順位が上位の球団を上位とします。

クライマックス・シリーズとはどんな制度?

*2007年度より新設。

レギュラー・シーズンの上位3球団で、日本シリーズ出場球団決定試合(クライマックス・シリーズ)を行います。
第1、第2ステージに分けて行い、第2ステージの勝者が日本シリーズに出場します。

クライマックス・シリーズ出場球団は、クライマックス・シリーズ開幕予定日の2日前までに組み込まれた日程終了時点の順位をもって確定します。

【クライマックス・シリーズの規定(概要)】
(イ) (出場資格)レギュラー・シーズンの1位、2位、3位球団とする。ただし、クライマックス・シリーズ開幕予定日の2日前までに組み込まれた日程終了時点の順位をもって確定する。天災・天候不順等の特別な事情により、この時点で未消化の試合は打ち切ることがある。
(ロ) (試合方式)第1、第2ステージを行って勝者を決定する。
(1) 第1ステージは2位、3位球団間の3試合制とし、先に2勝した球団を勝者とする。すべての試合で2位球団をホームチームとする。
(2) 第2ステージは1位球団と第1ステージ勝者の5試合制とし、先に3勝した球団を勝者とする。すべての試合で1位球団をホームチームとする。
いずれのステージでも、引き分けを除いた勝数が同じ場合は、上位球団を勝者とする。


日本一を決める日本シリーズに出場できるのは、リーグの優勝チームでないといけないと考える。
現行の制度だと、必ずしもリーグ優勝チームが日本一を決める日本シリーズにでるとは限らない矛盾した制度だ。
リーグ優勝したチームが、日本一を決めるシリーズに出場できないのは理不尽なこと。
この矛盾の帳尻を合わせるのが今後の課題だ。
帳尻を合わせるには考え方を変えれば良いのではないだろうか。
レギュラーシーズン144試合を終えての勝率で優勝チームを決める現行の制度を変えればよい。
勝率で順位を決めるのは、数で区切って決めるのでなく、時間で区切って決めたらどうか。
そして、その時間で区切られた時点で勝率上位3球団が、プレーオフの優勝争いに参加できる権利を得る。

例えば、9月20日時点での各チームの勝率で順位を決めて、この時点での上位3球団がプレーオフに出場し、勝ち抜いたチームがリーグ優勝チームとして日本シリーズに出場できる。

基準を変えれば、いまの矛盾は解決できる。
あとは、雨天で主催ゲームができなかった場合を配慮すればいい。
基準日までにダブルヘッダーのセッティングにするとか、クライマックッシリーズの興行収入をリーグチームで分配するといった配慮をすればいいと考える。
場合によっては、割り切って消化試合としてしまうといったことも考えられる。

現状の制度では、矛盾が大きい。
せっかく盛り上がってきたのだから、矛盾をなくして、もっとプロ野球を盛り上げていってもらいたいものである。

リンク先:特集レインコート特集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤクルト「宮本」の9回裏のさよならタイムリーエラーに「喝」

今日のヤクルト対ジャイアンツ戦。
誰もが、最終回迄もつれたが、さよならタイムリーエラーで幕を下ろすとは思ってもいなかっただろう。
寧ろ、盛り上がったが、なんとかヤクルトが勝利という結果を想像していた人も多かったのでは。
それにしても、情けないのは、ヤクルトの名手「宮本」。
最後のバッターになる筈の清水と対戦する前、念には念をいれて「宮本」が古田監督に守備位置の確認をしにいったのだった。
その本人が、何でもないゴロを慌てて撮って一塁へ暴投!
多分、普通に投げてればアウトだった。
きっと、サンデーモーニングで、「喝」の連呼だろう。

トイザらス・オンラインショッピング

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月 1日 (月)

クライマックスシリーズの運営方法にもの申す

今年は、特にセリーグが盛り上がっている。
クライマックスシリーズが導入されたせいなのかどうかわからない。
このクライマックスシリーズは、上位3チームが、日本シリーズに出場できる権利が得られる。
その為のプレーオフが行われる。
先ずは2位と3位のチームが戦って2戦先勝。
続いて、勝者と1位チームが戦って3戦先勝。
その勝者が、日本シリーズに出場する。

この制度に対して、やはりもの申したい。
同一リーグの6チームが、シーズンを戦って上位3位以内に入れば、シーズン制覇しなくても日本一になる権利が与えられる。
だから、シーズン通して最終的に優勝する意味が薄くなってくる気が払拭できない。
これは、今年のセリーグの混戦状態の局面で特に感じる。
ファンも、選手もどこかでクライマックスシリーズがあるから負けても良いという、安きに流れてしまう傾向にある気がしてならない。
どうしても優勝をと、戦っている選手もいるとは思うが、そうでない選手もいる筈。
あるスポーツ新聞で、中日が阪神に負けて自力優勝の可能性が消えた翌日の、タイロンウッズのコメントがのっていた。
クライマックスシリーズもあるから云々という記事だ。
このコメントは、シリーズで優勝しなくてもかまわないと言う気持ちのあらわれで、野球ファンとしては全力プレーしていないと批判したくなる。

ただ、このクライマックスシリーズの運営方法を変えれば、シリーズの優勝も大切なものとなると思う。
例えば、
その1.プレーオフをする権利を与えるのは、最終ゲーム差が、1位と2ゲーム以内に入ったチームだけにする。
2位が1ゲーム以内でない場合は、プレーオフは開催されない。
その2.リーグを西地区と東地区と分けて、勝率上位をプレーオフとして戦う。
このように色々考えれば、もっとしびれる試合が多くなるし、シリーズ優勝の価値を落とす事もなくなるのではないだろうか。

旅に便利なトラベルグッズ by JALショッピング

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »