« 日本周辺海域の水温上昇は世界の3倍 | トップページ | みずほHDの役員報酬支払に”喝” »

2007年5月21日 (月)

地球温暖化対策に提言「自動車」編

「自動車」、これが個人レベルで、一番身近な温暖化原因、と感じる人が多いだろう。
日本の自動車メーカーは、低燃費の車を作る事に長けている。
欧米の車に比べても、同じ排気量であっても燃費は、高水準だ。
だから、漫然と、日本車に乗っていればいいという訳ではない。

さて、この「自動車業界」、「温暖化防止対策」にそろそろ本格的に着手しなくてはいけない。
IPCCの提言は、科学的分野に政治介入が入った提言であり、人類へのダメージはもっと短期間で、甚大な被害が襲ってくる。
既に、世界各国での気象の以上があちらこちらで観測されているのがその証拠だ。
その為にも、自動車業界が、民間レベルで大手を振って声高に活動を始める事を期待する。
M&Aやら資本提携やら、経営戦略の事ばかり考えている場合ではない。


先ずは、ガソリンエンジン、ディーゼルエンジンで走る車の燃費を格段に良くしなければいけない。
5年以内に、30キロメートル/ℓの燃費性能の車を販売することが望ましい。
一番の理想は、排出ガスを出さない車を開発する事だ。
太陽エネルギーを蓄電し動力に変換する技術。
太陽光を量子力学的に活用する技術。


車の排気ガスは、温暖化要因の二酸化炭素だけでなく、窒素酸化物といった、公害の原因になる化学物質を含んでいる。
しかし、燃費の良い車であれば、公害物質や二酸化炭素の排出量は抑えられる。
世界では、「トヨタ」「ホンダ」がハイブリッド技術を確立して、実用化している。
他の自動車メーカーは、開発はしているが、実用化には至っていない。
ハイブリッド技術を、他の自動車メーカーに供与すれば、低公害車の普及が早まる。
産業界の協力が期待される。


と同時に、我々消費者も、車の購入に際して、地球温暖化対策に適した車かどうか、を選別できる分別をこれからは持たねばいけない。
地球温暖化を促す車を購入するか、人類滅亡を防ぐ努力が注がれている車を購入するか。
答えは明白だろう。
化石燃料をどんどん消費して、二酸化炭素を出しまくる車に乗る時代は、もうこれで終わりにしなければいけない。
一人一人の、「人類存続」に対しての意識が、これからは大切である。


ioPLAZA【アイ・オー・データ直販サイト】

|

« 日本周辺海域の水温上昇は世界の3倍 | トップページ | みずほHDの役員報酬支払に”喝” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58075/15157863

この記事へのトラックバック一覧です: 地球温暖化対策に提言「自動車」編:

» ビリーズ ブート キャンプ [ビリーズ ブート キャンプ]
ビリーズ ブート キャンプのダイエット効果はテレビや口コミで広がり有名になりました。ブログで体験談など発表する人もあります。ビリーズ ブート キャンプ エクササイズのダイエット効果を探ります。 [続きを読む]

受信: 2007年5月22日 (火) 12時40分

» 田中亜弥!!!MOODYZから衝撃の実名デビュー!! [【画像有】田中亜弥 無修正・無編集版入手!!!]
撃ニュース!!田中亜弥 現役のアナウンサーが実名でAVデビュー!! 現役アナウンサー(圭三プロダクション)がついにMOODYZから衝撃の実名デビュー!! 初のAV現場レポート〜ドキドキの初脱ぎ・初マ○コ観賞! 初バイブ快感絶頂オナニー!! M男調教、全身愛撫、電マ絶頂、チ○ポ欲しがり自らフェラ&素股! まさにデビュー作品にふさわしい内容目白押し!! 今回の期間限定配信動画は無修正・無編�... [続きを読む]

受信: 2007年5月22日 (火) 15時59分

« 日本周辺海域の水温上昇は世界の3倍 | トップページ | みずほHDの役員報酬支払に”喝” »