« 日本企業の役員達に”喝” | トップページ | 先ず、自国経済ありきのG8(ハイリゲンダムサミット)の声明に失望 »

2007年5月29日 (火)

故松岡氏包囲網ができていた

「選んだ選択肢は、自殺か」というのが正直な感想だ。
既に、松岡氏への包囲網は外堀が埋まりかけていたのではないだろうか。
「後は、どうやって本丸になだれこむか。」が焦点だったのかもしれない。
新聞報道各紙が、地検の手が及んでいるいないの推論がなされているが、火のないところに煙は立たないのが事実だろう。
安倍総理も認識が甘い。
故人に、このような表現を使うのは不謹慎だが、あまりにも思慮のない行動だった。
自負心過剰な人間性故、逃げ場がないとおもったのだろう。
政治生命と、人としての生命と計りにかけて、比べた結果が、「自殺」であったのならばそれはそれでしょうがない。

テレビを通して誰がどう見ても、政治資金の問題以降、顔つきが変わってしまったことがわかる。
事実を嘘として通そうとしていたのだろう。
政治家は時には、嘘も方便として使うことはあろう。
しかし、大事なところで真実は真実として、早く公表しなければいけない。
民間レベルには、そのような箍をはめる法律を押し付けておいて、自分達のことは嘘を突き通す。
これは許せない。

任命責任云々でなく、総理を初めとした現内閣各官僚の資質を、国民は問いただすべき時が来たのかもしれない。
今回の騒動で、現内閣はクリーンではなく、ダーティーな内閣のイメージに変貌した。
信頼も全くできない内閣だ。
もう一度、総理選出からやり直すべきではないだろうか。


そしてもう一つ、テレビの討論番組等に良く出演する政治家は、裏で何かやってる。
今回の故松岡氏にしろ、何か問題を起こしている議員は、大体がテレビに出演して売名行為をしている。
標的になりやすいと言った方がいいのかもしれない。
テレビに良く出演している、議員は何か裏でやってると思いながら、番組を見るのも面白い見方なのかもしれない。


バンダイネットワークス ララビットマーケット

|

« 日本企業の役員達に”喝” | トップページ | 先ず、自国経済ありきのG8(ハイリゲンダムサミット)の声明に失望 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58075/15249784

この記事へのトラックバック一覧です: 故松岡氏包囲網ができていた:

« 日本企業の役員達に”喝” | トップページ | 先ず、自国経済ありきのG8(ハイリゲンダムサミット)の声明に失望 »