« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月29日 (火)

故松岡氏包囲網ができていた

「選んだ選択肢は、自殺か」というのが正直な感想だ。
既に、松岡氏への包囲網は外堀が埋まりかけていたのではないだろうか。
「後は、どうやって本丸になだれこむか。」が焦点だったのかもしれない。
新聞報道各紙が、地検の手が及んでいるいないの推論がなされているが、火のないところに煙は立たないのが事実だろう。
安倍総理も認識が甘い。
故人に、このような表現を使うのは不謹慎だが、あまりにも思慮のない行動だった。
自負心過剰な人間性故、逃げ場がないとおもったのだろう。
政治生命と、人としての生命と計りにかけて、比べた結果が、「自殺」であったのならばそれはそれでしょうがない。

テレビを通して誰がどう見ても、政治資金の問題以降、顔つきが変わってしまったことがわかる。
事実を嘘として通そうとしていたのだろう。
政治家は時には、嘘も方便として使うことはあろう。
しかし、大事なところで真実は真実として、早く公表しなければいけない。
民間レベルには、そのような箍をはめる法律を押し付けておいて、自分達のことは嘘を突き通す。
これは許せない。

任命責任云々でなく、総理を初めとした現内閣各官僚の資質を、国民は問いただすべき時が来たのかもしれない。
今回の騒動で、現内閣はクリーンではなく、ダーティーな内閣のイメージに変貌した。
信頼も全くできない内閣だ。
もう一度、総理選出からやり直すべきではないだろうか。


そしてもう一つ、テレビの討論番組等に良く出演する政治家は、裏で何かやってる。
今回の故松岡氏にしろ、何か問題を起こしている議員は、大体がテレビに出演して売名行為をしている。
標的になりやすいと言った方がいいのかもしれない。
テレビに良く出演している、議員は何か裏でやってると思いながら、番組を見るのも面白い見方なのかもしれない。


バンダイネットワークス ララビットマーケット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月27日 (日)

日本企業の役員達に”喝”

日本企業大企業の本社が集中している「東京都」。
特に東京23区内、山手線沿いに企業の本社や官公庁が乱立している。

人類存亡がかかっている、地球温暖化問題がクローズアップされているのに、未だに企業のお偉方が黒塗りの「役員車」の後部座席に悠々自適に座っているのを目にする。
「?」
「これでいいのだろうか?」

企業のトップや官公庁のお役人のトップ達は、「自分は特別だ」と思っているのではないだろうか。
人類の存亡の危機に、優劣はない。
企業の役員であっても、人間の一人に変わらない。
この人たちは、ただ企業という社会集団のリーダーであって、方向性を社会集団に示す役割の人だ。
今の時代、その人たちが、ガソリンをばらまくような大型役員車にのっているというのは、地球温暖化を全く考えていないというように思わざるを得ない。
殺人鬼と化して、「役員車」という車で、温暖化ガスをまき散らしている。
あまりもそんな会社の役員が多過ぎる。


「危険から身を守るため」というならば、運転手でなくボディーガードを雇いなさい。
雇用の流動性は確保できる。
企業のトップならば、もっと、人類の未来について考えるような資質を持った人でないと、これからは駄目だ。
役員の皆さん!
移動には、電車やバスといった公共機関を使うように努力しなさい!


SOHO家具オンラインショップ Garage

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地球温暖化対策の為には、新幹線かそれとも飛行機を利用するか?

ビジネスマンや政治家やスポーツ選手が、日本国内を忙しそうに移動している。
今回は、たまたまある会社からのDMを観てこの表題でもの申す。

国内の移動に関して、飛行機と新幹線とではどっちを利用するのが温暖化対策に寄与することになるのか?
東京大阪間を比べてみる。
新幹線を使った場合の、一座席あたりの二酸化炭素排出量は、片道4.8キログラム(JR東海算定)
飛行機では、一座席あたりの二酸化炭素排出量は、片道48キログラム(全日空2004年報告書からJR東海算定)

明らかに、10倍の排出量の違いが出ている。
この数値は、JR東海からのDMに記載されているものを転用させてもらっているので、信頼性の高い数値であろう。
この結果から、少なくとも、東京大阪間程度の距離内であれば、航空機より新幹線なり列車移動の方が温暖化ガス排出量を抑えることができるということになる。
人の移動もそうだが、物の移動も同様だ。
地球温暖化防止対策をとるには、犠牲を伴わなければいけないケースもある。
これが公共機関の乗り物の選択でおきている。

ビジネスマンを初めとした、航空会社に取っては痛手だろうが、東京大阪間は列車移動にするようにしなければ駄目だ。
このように提言したい。


ライスフォース

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月26日 (土)

「安倍首相」の温暖化ガス削減目標に”喝”

日本経済新聞社主催の国際交流会議「アジアの未来」での安倍首相の講演内容。
地球温暖化対策として、「2050年迄に温暖化ガスの世界全体の排出量を現状から半減させる」ことを目標として掲げた。
この目標に”大喝”だ。

全く人類、種の存亡に危機感を感じていない悠長な内容だ。
目標の設定基準の50%削減は、理解できる。
現状の温暖化ガス吸収能力まで引き下げるという基準。
しかし、設定期限が問題だ。
2050年ではなく、もっと前倒しの2020年をターゲットにしなければ意味が無い。
2050年迄というのは悠長過ぎる。
それは2050年迄、吸収能力を超えた温暖化ガスが、地球上に気体として蓄積され続けるということだ。
BRICS諸国の経済発展が近年目覚ましい。
今後の温暖化ガスの排出量の増加スピードは、過去100年の世界中の経済発展で排出されたスピードとは比べ物にならない程早い。
経済のグローバル化と、世界人口が増加したのだ、皮肉にも災いしている。
単純な、直線に比例するのでなく、エクスポネンシャルカーブで一気に増加しているのだ。
欧州の基準以上に、高い目標を課さねばいけない。
そして、それを実行に直ぐ移させなければ行けない。
横浜市交通局を参考にしてみるといい。
150万本の植樹運動を実施している。
市民、企業レベルで努力できる機会を与えている。
国政レベルでも、このような迅速な対応をとるべきだろう。

とにかく、IPCCの報告書の内容は、科学に政治介入があった報告であり、恣意的に数字が緩和されて発表されている。
科学に、政治が介入するということは、ナンセンスであることは言うまでもない。
現実は、もっと深刻な状態であることを、政治家であれば認識しなければだめだ。


上新電機

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月24日 (木)

みずほHDの役員報酬支払に”喝”

今日のテレビをみていたら、みずほHDが経営統合を決めた旧トップ3人に、役員退職金を支払うという報道があった。
この報道を観て、たくさんの人が感じたと思う、「何故今頃退職金を支払う必要があるのか?」
みずほHDサイドは、「経営統合という功績」をたたえるため、と説明している。
統合時のトップが退陣してから数年以上たっている。
この間、公的資金返済をしてきたのは、現在の経営陣の体制下だ。
取引先の協力を得ながら、従業員が汗水たらして頑張ってきた結果だろう。
「経営統合の功績」以上の働きを、従業員達は現経営陣の体制下行ってきた。
取引先として関係があれば感じただろう、従業員達の苦労を。

この苦労を、旧行トップに還元するのはいかがなものだろう。
当時は、思いつきの経営統合と思われても仕方が無い状態だった。
その証拠が、世間に大迷惑をかけた、システム障害だ。
全くリスク管理ができてなかった。
一番大事なシステム選択に失敗していた。

その過去を知っている従業員の不満は相当大きな物だろう。
株主としても、人道的に納得できない。
企業とは何だろう?
経営者の為だけのものだろうか?
従業員は苦労するだけの駒なのだろうか?
個別企業のモラルが問われる報道だと感じた。


森下仁丹オンラインショップ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月21日 (月)

地球温暖化対策に提言「自動車」編

「自動車」、これが個人レベルで、一番身近な温暖化原因、と感じる人が多いだろう。
日本の自動車メーカーは、低燃費の車を作る事に長けている。
欧米の車に比べても、同じ排気量であっても燃費は、高水準だ。
だから、漫然と、日本車に乗っていればいいという訳ではない。

さて、この「自動車業界」、「温暖化防止対策」にそろそろ本格的に着手しなくてはいけない。
IPCCの提言は、科学的分野に政治介入が入った提言であり、人類へのダメージはもっと短期間で、甚大な被害が襲ってくる。
既に、世界各国での気象の以上があちらこちらで観測されているのがその証拠だ。
その為にも、自動車業界が、民間レベルで大手を振って声高に活動を始める事を期待する。
M&Aやら資本提携やら、経営戦略の事ばかり考えている場合ではない。


先ずは、ガソリンエンジン、ディーゼルエンジンで走る車の燃費を格段に良くしなければいけない。
5年以内に、30キロメートル/ℓの燃費性能の車を販売することが望ましい。
一番の理想は、排出ガスを出さない車を開発する事だ。
太陽エネルギーを蓄電し動力に変換する技術。
太陽光を量子力学的に活用する技術。


車の排気ガスは、温暖化要因の二酸化炭素だけでなく、窒素酸化物といった、公害の原因になる化学物質を含んでいる。
しかし、燃費の良い車であれば、公害物質や二酸化炭素の排出量は抑えられる。
世界では、「トヨタ」「ホンダ」がハイブリッド技術を確立して、実用化している。
他の自動車メーカーは、開発はしているが、実用化には至っていない。
ハイブリッド技術を、他の自動車メーカーに供与すれば、低公害車の普及が早まる。
産業界の協力が期待される。


と同時に、我々消費者も、車の購入に際して、地球温暖化対策に適した車かどうか、を選別できる分別をこれからは持たねばいけない。
地球温暖化を促す車を購入するか、人類滅亡を防ぐ努力が注がれている車を購入するか。
答えは明白だろう。
化石燃料をどんどん消費して、二酸化炭素を出しまくる車に乗る時代は、もうこれで終わりにしなければいけない。
一人一人の、「人類存続」に対しての意識が、これからは大切である。


ioPLAZA【アイ・オー・データ直販サイト】

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年5月17日 (木)

日本周辺海域の水温上昇は世界の3倍

日本経済新聞を見て、ある記事を発見した。
気象庁の発表によると、日本の周辺海域の海水の温度が、過去100年間で、世界の平均値の3倍の0.7ー1.6度も上昇している事が判明したというのだ。
特に顕著な、地域は、関東以西の太平洋側と日本海側、そして中国・沖縄の海域にかけてである。

詳しくは、気象庁のホームページに発表されている。

この上昇は、日本の地上の温度の上昇とほぼ同じ温度が上昇している事になるらしいので整合性はあり、有意な結果だと考えられる。
確実に、地球温暖化が進行している証拠だ。

日本は、過去100年の間に、産業発展に力を注いできた。
その結果、世界的に二酸化炭素排出量が世界でも多い国の一つになっている。
この結果を、我々は真摯に受け止め無ければいけない。
これ以上の、気温上昇を食い止めるのだ。
二酸化炭素の排出量を少なくするだけでなく、地球上に排出された、二酸化炭素を分解しなければならない。
経済発展と、人類の存亡を共に行いたいのであれば、二酸化炭素の分解技術を世界的に確立、拡販して行かなければならない。
この結果を、世界に配信し、危機意識を持ってもらった方がいいのではないだろうか。
日本が、辿ってきた道を、BRICSをはじめとする先進国に辿らせてはいけない。
人類存亡の為にも、一人一人に危機意識を持たせないといけないと考える。

e87.com(株式会社千趣会イイハナ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月15日 (火)

北京オリンピック開催にもの申す

新聞各紙で、最近報じられている、北京立退き襲撃事件。

この記事を見て思ったのは、こんな国でオリンピックを開催して大丈夫なのだろうか?
選手達の生命は守られるのだろうか?
観光客の安全も確保されるのだろうか?
といった、疑問だ。

中国は問題の多い国である。
オリンピックの開催地の北京は、市街化開発が急速に進んでいるらしい。
当然、開発に伴い、立退き交渉がおこっている。
立退き拒否の姿勢を示す住人の集落が狙われており被害が深刻になているらしい。
100人程度の作業員と重機が突然、住人達を無理矢理追い出し、建物を壊すといった事件だ。
家が無くなってしまった人たちが気の毒である。
悪徳開発業者と悪徳立退き業者が、組んで起こしていると推測できる。
中国政府が絡んでいることは、考えにくい。

しかし、このような暴力的な人物が大勢いる地域でのオリンピック開催は、とても危険である。
決まった事ではあるが、このような不祥事がある場合、IOCも開催地に関して、臨機応変に考えなければいけないのではないだろうか。
スポーツは、平和の象徴である。
危険な地は、開催地にそぐわない。

北京オリンピック開催にこぎつきたければ、このような、野蛮な事件を、中国政府は、早く解決させて、対外的に安全なことをアピールすべきであると、もの申す。

ソースネクスト

| | コメント (0) | トラックバック (1)

IEA温暖化対策「業種ごとの数値目標設定」にもの申す

この記事も、今日の日本経済新聞の一面を飾っていた記事だ。
IEA(国際エネルギー機関)は、各国に業種別のエネルギー効率目標の設定・報告の枠組み作りに乗り出すそうだ。

このIEAの姿勢は評価できる。
だが、加盟国は26カ国のみで、問題の中国・インドは加盟していない。
非参加国にも呼びかけるそうだが、果たして、賛同するかどうかは疑わしい。

今回の提案は、京都議定書を発効した日本政府が提案したものらしい。
この目標の振り方には、十分に議論をしなければいけない。
業種毎の目標であるが、その業種の線引きはどこでおこなうのか?
各国同レベルの水準目標にするのか?(しなければいけないと考える)
発展途上国への経済的援助をするのかどうか?
参加しない国にたいしては、制裁措置をおこなうのか?
この目標は、二酸化炭素排出を抑制する為のものなのか?
過剰排出されている二酸化炭素を吸収分解させる為のものなのか?
今後の、化石燃料への依存度の低下までけつぎするのか?
代替のクリーンエネルギーを何に位置づけるのか?
世界共同で、開発プロジェクトを立ち上げるのかどうか?

他にも、議論すべきポイントはたくさんある。
通り一辺倒の、表面上だけの目標では、絶対に効果はない。
マスタベーションで終わってしまう。
と同時に、人類の歴史も終わってしまう。

それだけ危機感の高い議題である事を再認識して、協議してもらいたい。


オフィス・デポ ジャパン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

「11月連休構想」にもの申す

今日の日本経済新聞を眺めていたら、一面に「2祝日移し 11月連休 与党内に構想」という記事が載っていた。

「ちょっとまて!」と思った。
「2祝日移し」とはどういう事だ?
体育の日と勤労感謝の日を文化の日の前後にくっつけるというもの。
トータルの祝日には変化は無い。
連続休暇が増えるだけである。
反対に、スポットで休めていた休日が無くなってしまうという事だ。

どうも中途半端な構想だ。
どうせなら、体育の日と勤労感謝の日はそのまま残し、新しい祝日を文化の日前後に2日つくった方が良いのではないかと思う。
観光事業振興の為と、書いてあったが、長期休暇にするだけでは意味は無い。
寧ろあちらこちらで車の渋滞が起きて、地球温暖化防止対策に逆効果になるだけではないだろうか?

単発での祝日の嬉しさも無くなってしまう。
残念である。
自民/公明両党にもの申したい!
どうせやるなら、祝日の日数を増やす方向で考えなさい!!!
そして、新しい11月連休は、地球温暖化防止対策に配慮して「マイカー/タクシー禁止」「公共機関のみ使用可」とするのもいいのではないか、と考える。

GREEN DOG

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

バイオ燃料に温暖化防止対策効果は期待できない

今年の、1月にアメリカ史上一番バランス感覚のない大統領「ブッシュ」が、トウモロコシを原料に使ったバイオ燃料をガソリンに混合しての使用を推奨する発言をしていた。
理由は、地球温暖化対策に効力を発揮するからだとか。
この発言を受けて、世界いや人類に多大なる影響が出始めてしまった。
くしくも、IPCCの予測通りに事が進んでしまった。

原因は、勿論ブッシュの発言。
これを受けて、今迄食料として消費されてきたトウモロコシの原料価格が上がり、メキシコではトルティアの価格が倍になってしまったらしい。
また、トウモロコシに作付け面積を奪われたオレンジの価格も世界中で高騰。
当然、牧畜をしているヨーロッパでも、飼料の価格が高騰、経営が成り立たなくなっている農家がふえているとか。
今後、トウモロコシを使った食品が高騰し、我々の食卓から姿を消す日も近くなるかもしれない。

この状況、果たして、トウモロコシを使ったバイオ燃料は温暖化対策防止に有効なのか?
答えは「NO!!!!!!!!」。
トウモロコシを、刈り取ってバイオ燃料をつくって消費される。
刈り取られた農地にまたトウモロコシを作る事で、二酸化炭素の排出がプラスマイナス0となる考え方らしい。

BUT!これは大きな考え違いをしている。
バイオ燃料は、あっという瞬間に熱エネルギーに転換され、二酸化炭素にかわる。
しかし、トウモロコシは、いくら頑張っても収穫迄に半年はかかる。
先ずは、この時間的ラグが全く考えられていない。

そして、バイオ燃料の混合比はせいぜい10%程度。
日本はまだ3%程度。
残る90〜95%は、ガソリンなのだ。
この90〜95%のガソリンが熱によって二酸化炭素にかわる部分を全く検討していない。

コストを棚に上げたとしても、時間的ラグ、バイオ燃料以外の部分に対する対策がなされなければ、全く意味のない燃料である。

真剣に考えているとはとても思えない、ブッシュの発言。
そして、それにつられる安倍総理。
もっと学会に出るなりして科学者の意見を真面目に聞いてみてはいかがでしょうか。

人類滅亡の危機が刻々と迫ってきている。
一番大事なのは、既に排出された、二酸化炭素を炭素と酸素に分解し直して、自然界の空気の成分比率を正常数値に戻す事だ。
二酸化炭素を液化して、地中に埋めるという案も新聞等で目にするが、本末転倒な手段。
気化してしまえば同じだ。

その方策が見つからなければ、全世界の政府あげて、全世界のGDPの2割でも使って今すぐ、空いてる土地に植林すべきではないだろうか。
道路の脇、ビルの屋上、ビルの壁、至る所に植林をしないといけない。

ちなみに、今地震が世界的に多くなってきているが、これも地球温暖化の影響がある。
つまり、地球という球場物質が暖められ、球場物質の中の成分が膨張してきており、地表がその影響で動き始めているという。
ピンポン球で試してみれば、明らかだ。

兎に角、この問題だけは、誰かがやってくれると考える事は辞めてほしい。
まず、皆が自ら危機を感じる事である。
そして、行動を起こす事で、自分の命さらには子孫の命も守る事ができるのだから。

ガンダマー・ドットコム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 4日 (金)

地球温暖化防止対策に提言「帰省ラッシュ編」

もうこれは、誰もが認める、温暖化発生要因だ。

帰省ラッシュシーズンに車で移動しようとする人々!

温暖化、なりふり構わず、自家用車で、何十キロも渋滞を作り二酸化炭素を振りまく人々のこと。

帰省したい気持ちはすごくわかるが、この危機迫った環境の中、渋滞を起こすために車で移動するのはいかがなものか??????

帰省よりも、自分達の子孫の命のほうが大切ではなかろうか。

「車が好きだから。」という方は、車をハイブリッドカーに乗り換えて帰省すべきだろう。

金銭的な問題からという方は、車でなく、公共機関を利用するべきだろう。

こういうシーズンになると、言ってることとやってることの矛盾を感じる!

人口が増えすぎているから、このような状態が起こっているのも一理ある。

もしかすると、少子化時代がきたほうが理にかなっているのかも。。。。。。。。。

日本国民の皆さん、もう一度自分の行動を足元から見直してみるべきではないでしょうか!!

このゴールデンウィークに車で帰省した人々に”喝””喝”喝”だ!!!

オンライン書店 boople.com(ブープル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »