« 必須科目履修漏れの救済策に”喝” | トップページ | 巨人首脳陣の先見性に”喝” »

2006年11月 4日 (土)

ポスティング希望するプロ野球選手に”喝”

Ph9
最近、プロ野球界で「メジャー指向」と平気で口にする選手達が多くなった。
メジャーリーグと日本の野球のレベルの差がなくなってきたからの発言だと思う。
メジャーに行っても、自分は通用するという思いからだろう。
しかし、日本プロ野球界に入ってから「メジャーでプレーするのが夢です」なんて表現する選手達を、安易に許していいのか?
しかも、ポスティング制度を利用してだ。
これは、許してはいけない制度だと考える。
そもそも「メジャーでプレーするのが夢」という選手は、日本球界のドラフトや自由選手枠を使って、プロ野球選手になる資格はないと思う。
日本球界を足掛かりにして、メジャーに「挑戦」するということは、日本球界をコケにするようなもの。
はじめから、メジャーのトライアウトテスト或はドラフトを利用して、メジャーリーグの球団と契約するのが筋だと思う。
今の、日本球界は、ドラフトで日本のプロ野球界に入って、「夢でした」といって、ポスティング制度等を利用してメジャーにいきたがる選手が多過ぎる。
この結果として、日本の球界が衰退してきてしまった。
高校生であっても、そのぐらいの倫理観は持ち合わせているだろうし、親権者も倫理観を子供に言い込むべきだろう。
これからは、メジャーで野球をやりたい選手は、ドラフト前に、公言する制度をとりいれるべきだろう。
その選手を、プロ野球のドラフト指名から外す。
そうすれば、球界が育てた、スター選手を、海外に放出することもなくなるだろう。
日本球界も衰退する事はなくなる。
FAは、選手達に与えられた権利であり、これを行使して、メジャーを選択肢に考えるのは、やむを得ない事だと思う。
反対に、外人選手枠も、もっと広げるべきだろう。
海外の選手を、日本球界で、スター選手に育て上げる事も必要と考える。

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

|

« 必須科目履修漏れの救済策に”喝” | トップページ | 巨人首脳陣の先見性に”喝” »

コメント

プロ野球選手には、働くことによって上がったスキルをより高いレベルで試すべくステップアップする権限はないわけですか。すっげー職業差別。

例えば始めはメジャーなんてムリだと思っていた選手が、日本のプロ野球でプレーすることでレベルをあげて、それがメジャーのスカウトの目にとまった場合でも、ドラフトの時点で「宣言」しなければアウト?

書かれているとおり、外国人枠を広げて世界から多様な人材を確保することで、日本人がメジャーに流出する穴を埋めれば解決だと思いますが。

投稿: オレンジな生活 | 2006年11月 5日 (日) 20時09分

NPBが企業努力不足でMLBに負けていることがそもそもの原因で、選手はレベルの高いリーグでやりたいと思うのは当然。カネもNPBに比べると段違いにいいのだから当然。
福盛なんて仕事しないのに毎年数億もらっている。天才的な個人事業経営者だと思う。

投稿: ktl | 2009年5月 4日 (月) 02時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58075/12553620

この記事へのトラックバック一覧です: ポスティング希望するプロ野球選手に”喝”:

» 松坂大輔!赤い靴〜♪赤ちゃんも^^履いてた〜♪ [悪いブログニュース。]
やはり、松坂大輔は怪物でしたね。日本人として、素直に嬉しいです。ヤンキースか?と思いましたが、ライバルのレッドソックスがどーしても、松坂大輔を獲得したかったんでしょうね。 [続きを読む]

受信: 2006年11月15日 (水) 17時01分

« 必須科目履修漏れの救済策に”喝” | トップページ | 巨人首脳陣の先見性に”喝” »