My Photo

座・宴会の仲間達

  • 和田さん
    おいらが参加した宴会のショットをのせてみました。 楽しい、宴会の席をイメージしてください。

学習院大学 世界民謡研究会

  • 福田先輩との一コマ
    おいらが、大学時代所属していた、音楽サークル。

ハマヤンキース  

  • 慶応大学野球教室にて
    横浜市港北区で人気のある、少年野球チーム。 古豪チームの多い地区で、常に上位に名を連ねる。 地元ベイスターズと同じ、青の縦縞ユニフォームとヤンキースのロゴを取り入れている。 監督、コーチ陣もしっかりしており、将来を見据えた、野球教育をしている。 10周年を2006年に迎えたばかり。

Sports用品   St.

皮革製品 St.

サプリメント(健康食品) St.

PHOTO SHOP St.

無料ブログはココログ

検索エンジン


ツィート

闘病生活

October 11, 2009

やばい!やばい!やばい!

ヤバい!ヤバい!ヤバい!
もうパニック障害とは無縁になったと思っていた。
ところが、先週の木曜日の台風上陸の日に、ヤバい状態に、一瞬、陥ってしまった。

よりにもよって、朝、横浜駅から東海道線で会社に向かう車中でだ。
台風の影響で、電車の本数も少なくなっており、横浜駅で乗車しようとした電車が超満員状態。
その中に乗り込んで、「は〜っ」と思っていると車内のまん中に押し込められ身動きができない。
しかも、電車はなかなか発車せず、ずっと停まったまま。
すると、「あれっ?もしかして?ヤバい?」手足から血の気が引いてくる感覚に襲われ、一旦電車から降りようと思った。
と同時に、電車の扉が閉まり、動き出した!!!
「うわっ!こりゃ駄目だ〜!」、すると、手足から血の気が引き、全身に冷や汗、気も遠くなりかなりヤバい状態。
「もしかしてこのまま、あの世に行く運命???」と不安に苛まれる。
そうこう思っているうちに、川崎駅に到着。
迷わず下車。
外の空気を吸って、「あ〜、落ち着いた〜」と、パニック症状から解放された。

と、こんなことがあったのである。
今年に入ってから、薬を飲まなくても平気で、もう治ったと思っていたのに..........。
まだまだでした、残念。

Cocolog_oekaki_2009_10_11_18_27

February 09, 2008

その後の病気の経過はまずまずかな〜

今週の水曜日、定期的なカウンセリングの為に、名古屋大学付属病院hospitalに足を運んできた。
経過は、まずまずかな。
正月に新幹線bullettrainの中で一度、症状coldsweats02が出てしまったので、今回も、前回同様の処方となった。
気長に、病気とお付き合いであるtaurus
今回から、絵文字happy01が使えるようになった。
なんとなく楽しい気分であるscissors

DHCオンラインショップ

November 11, 2007

またパニックの症状が出始めたのか?それとも心臓がおかしくなったのか?

先月、バスケットボールの試合にでてから、たまに、心臓というか食道というかそのあたりが、一瞬掴まれたような弾けるような感覚がある。
先週は、胸が重くなって腕も重くなったりした。
息もしづらい感覚に襲われ、不安感が増大した。
多分、暫く出てなかったパニック障害の症状が表れたのではないだろうかと自分の中では分析している。
しかし、万が一という事もあるので、町医者で心臓の検査もしてもらった。
別段何ともないらしい。
あるとすれば狭心症らしいが、年齢的に考えられないそうだ。
とりあえず万が一の場合に備えて、ニトロを処方してくれた。
やはり、パニック障害の症状が出たと考えるのが妥当な気がする。
仕事は忙しくないのだが、職場の人間関係やら職務内容に不満がありストレスと感じていた。
今の職場に行くのが嫌である。
思った事も意見できない懐の狭い上司に仕えている。
ずっと我慢していたが、それが積もり積もって爆発したとみる。
元来、意見主張が出来ない職場環境は、とても自分にあわない。
早く上司が転勤でいなくなる事を望む!
あるいは新しい職場を求めるか!?


三井住友カード

August 15, 2007

パニック障害の治療状況

先月、投薬量を減量したので、経過状況を見る為、今月も名古屋大学付属病院に足を運んだ。

駅の日陰のベンチに座ってるだけで、汗が落ちてくるほど、今日もくそ暑い。

さて、手から血の引く感じがしたり、頭から血の気が引いて目眩がしたり、息苦しくなったりする状況が、実はこの一ヶ月の間に起こっていた。

これは、パキシルという、特効薬を飲まなかった日があったことが影響した為。

セルシンの減量は、ほとんど影響なく、パニック発作が起きそうなときだけ、頓服として服用した。

朝起きて、喉が極端に渇いてたり、痛かったりする症状も関係あるのかどうか聞いてみた。

パキシルの副作用だそうだが、たいしたことはないから気にしないでいいそうだ。

まだまだパキシルはしばらく服用が必要だ。

セルシンの減量は成功だっただろう。

といったことを話し合いながら、次回までの処方を決めた。

発作の予兆が完全に無くなるまでは、現状維持のままとした。

今月で、名古屋大学付属病院に通院して、丸3年だ。

やはり当初、病院で言われたように、じっくり腰を据えて、治療していくしかないね。

感覚的にあと2年~3年は必要かな。

「おうちプリント」はデポで!

July 18, 2007

パニック障害

2ヶ月ぶりのカウンセリングで名古屋大学病院に足を運んだ。
パキシルの服用量を減量してから2ヶ月。
まったく発作の徴候も無く、順調によくなってきてる。
主治医の先生とも、次回以降の薬の減量について話し合った。
セルシンの服用を、一日2回から一日1回に減らして、一ヶ月程様子をみる。
もし、不安な状態がでそうであれば、頓服的服用で対応するため処方箋は、通常と同量にしておくという方法。
確実に、良くなってきている。
自分でも、実感ができるので不安は無い。
通常の生活にまったく支障がないので、焦らないことが大事。
日本ハムファイターズの小谷野選手も、昨シーズン2軍に落ちたときパニック障害に襲われたそうである。
が、今はそれと闘いながら、球団の理解もあって一軍で活躍している。
会社の理解度は異なるが、体調面は全くおいらと同じ状況だ。
普通の生活をしながら、気長に、気長に治していこう。


May 25, 2007

パニック障害

昨日、名古屋大学付属病院に行ってきた。
昨日の名古屋は、真夏のような暑さだった。
新緑の時期というよりも、初夏のような気候だった。

さて、おいらのパニック障害の病状の推移をカウンセリングしてきた。
前回から約一ヶ月。
薬の減量の副作用はなくなっている。
発作はおこってないから波としては良好な状態だ。
ただ、ちょっとだけ気になっているのが、たまに緊張時に息を吸ってる感覚が無いと感じることだ。
大事には至らない程度だから多分この状態も、しばらくするとおきなくなってくると思っている。
次回診療迄ちょっと期間を長めに取った。
おいらの中での勝負だ。
問題がなかったら、セルシンの処方を今度は少なくするよう、相談してみようと思っているからだ。
確実に良くなっているのがわかる。
音楽活動も、精力的にやろうと、自然に思えるようになってきている。
少しずつ、本来のおいらのパワーが取り戻されてきているような気がする。


三井住友カード

April 19, 2007

病気の回復具合

一昨日から実家に戻る。
そして昨日、名古屋大学付属病院に薬の処方を減らしてからの初めてのカウンセリングを受けた。

3月に、パキシルを一日30mgから20mgに処方を減らしている。
パキシルの量を減らしてから、二週間程、実は頭がクラクラしていた。
それ以降は、クラクラする事は無くなった。
発作的なものも、全くなかった。
この事を、主治医の先生に告げると、心配は無いとのこと。
確実に良くなってきているそうだ。

パキシルという薬は、それだけ抗うつ剤としての効果が高い薬らしい。
減量すると、しばらく頭がクラクラするような症状は出るのらしい。
でも、一気に服用するのを辞めるのは、良くないらしい。
今回も、パキシルを減量した状態で次回の診療迄続ける事とした。

この状態で約一ヶ月、また様子を見る。
自分の中でも、良くなってきているのがわかる。

焦らず、じっくり闘病を続けて、完治を目指すぞ!!!

Wine Shop ENOTECA (ワインショップエノテカ)

March 14, 2007

パニック障害の治療に進展

今日の診断で進展があった。
この2ヶ月間、発作症状の兆候がなかったこともあり、調剤量を変更する事にした。
パキシルを1日30mg今迄服用してきた。
この量を、1日20mgに減量する。
約一ヶ月様子をみて、その後続けるか、また元に戻すか検討する事にした。
医師の一方的な治療法ではなく、患者との対話で治療を進めていく方法なので、安心である。
自覚症状がわかっての治療の進展だからだ。
この病気は、一度かかったら、山あり谷ありだ。
自分の心の内に我慢して、しまっておくと、知らない間に大変な事態を引き起こす。
気長に、病気と付き合っていこう。
絶対治らない訳でなく、今日みたいに進展があるわけだから。

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

February 21, 2007

「花粉症」対策、今年は失敗

昨日辺りから、花粉症の症状がひどく出てきた。
今年は、事前対策に失敗してしまった。
この数年、1月頃から、実家の近所の耳鼻咽喉科で、花粉症対策の処方を作ってもらっていた。
今年は、一月に実家に戻ったものの、その耳鼻科の診療時間に間に合わず断念。
その代わりに、会社の中の健康管理センターと呼ばれる、いわば保健室みたいなところで、処方してもらった。
ところが、この健康管理センターの処方は、評判通り全く効果がない。
ろくな診察も、触診等もせず、くすりを一つ二つ出すだけの会話。
飲んでも、全く効果のない薬だ。
品質期限切れの薬ではないかと思う程だ。
きのうから、くしゃみや鼻水が垂れっぱなしになる悲惨な状態。
あ〜今年はやっぱり厄年だ!

December 17, 2006

「ノロウィルス」の感染源は一体なんだったか。

ふと、思った。
「おいらは、どこでノロウィルスに感染したのか?」
はじめは、満員電車の中での空気感染か、と思っていた。
しかし、潜伏期間が、体内で1〜2日と知ると、思い当たる節がある。
それは、発症した二日前に食べた、魚介類のオードブルだ。
他の皆があまり取っていなかったので、随分と残っていた料理だ。
もしこれが原因なら、おいらはついていない。
また新橋駅に戻る途中の道沿いは、夜は汚い。
そこに嘔吐物があったような気もする。
そうなると、そこからの2次感染か。
あとは、社内のトイレ事情。
換気が悪いので、ウィルスが飛散している可能性は否定できない。
いずれにしても、手洗いとうがいは励行した方がいいみたいだ。
参考迄に、厚生労働省の「ノロウィルス」Q&Aによると、「ノロウィルス」への特効薬はないらしい。
対処療法しかないらしい。
気をつけましょう。

厚生労働省「ノロウィルス」に関するHP     http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/kanren/yobou/dl/040204-1.pdf

QVCジャパン

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

MUSIC CD/DVD & DOWNLOAD St.

Recent Trackbacks

横浜特集

  • 横浜で人気のショッピングモール
    インターネットで購入できるおすすめ商品や情報を、広く紹介するサイト。 横浜のみなとみらいのランドマークPLAZAやQueens Squaer、World Porter等を意識したブログタイプのショッピングモールです。

事務用品・オフィス用品  St.

Podfeed