My Photo

座・宴会の仲間達

  • 和田さん
    おいらが参加した宴会のショットをのせてみました。 楽しい、宴会の席をイメージしてください。

学習院大学 世界民謡研究会

  • 福田先輩との一コマ
    おいらが、大学時代所属していた、音楽サークル。

ハマヤンキース  

  • 慶応大学野球教室にて
    横浜市港北区で人気のある、少年野球チーム。 古豪チームの多い地区で、常に上位に名を連ねる。 地元ベイスターズと同じ、青の縦縞ユニフォームとヤンキースのロゴを取り入れている。 監督、コーチ陣もしっかりしており、将来を見据えた、野球教育をしている。 10周年を2006年に迎えたばかり。

Sports用品   St.

皮革製品 St.

サプリメント(健康食品) St.

PHOTO SHOP St.

無料ブログはココログ

検索エンジン


ツィート

« November 2006 | Main | January 2007 »

December 2006

December 31, 2006

2006年の〆

あと少しで、2006年が終わりを迎える。

2006年を振り返ってみると、総じて言えば、屈辱の一年だった気がする。

自分の力が全く発揮できない環境、開き直りで自分に嘘をつきつつ過ごし続けてきた。

年齢も40代に突入。

人生の折り返し地点に立った。

充電の一年だった。

2007年は、自分の力を発揮できる年になるだろうか?

仕事については、既に規定路線から外れてるので、期待できないと認識している。

そんなオイラを今まで支えてくれたのは、やはり音楽だ。

残念ながら、2006年も音楽活動を止む無く休止してしまった。

でも、一生懸命、あちこちで音楽を聞いたり観る事で勉強した。

いつか、大きな花を咲かせると信じて。

今、除夜の鐘が聞こえる。

こんなおいらを支えてくれた横浜のみんなに感謝したい。

今年一年間ありがとう。

また来年も、おいらを支えてください。

よろしくお願いします。

Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)

昨日が、今年の忘年会になりました

実は昨日、「浜崎あゆみ」のライブを観た後、大学時代の仲間たちが、毎年忘年会を行っているというので、参加しに目白に直行した。

電車の中で、突然電話がなり、新宿に移動したと連絡が入る。

「田中の知ってる店に移動した。」とのこと。

高田馬場で、山手線をおりて逆方面にまた乗り換えて、新宿の区役所通りに向かう。

案の定、田中の知っている店は、「キャバクラ」だった。

帰るのも申し訳ないから、「キャバクラ」から参加。

今年は、おいらを含めて5人だそうだ。

一時間程度、時間を過ごして、参会。

なんとも、あっけない忘年会だった。

でも、昔の仲間の顔を見て、元気な姿を見れるだけでうれしかった。

因みに、去年の忘年会は二人だったらしい。

村上さんのゴチにしようかと思ったが、懐が寂しそうだったので、みんなで少しだけ負担。

それにしても、以外に安いお勘定だったらしい。

これも、「田中の知ってる店」だからとか。

また行くか!田中!

ゴルフダイジェスト・オンライン

今年のライブ納めは「浜崎あゆみ」で

061230_17370001
12月30日(土)、今年のライブ納めの為、国立代々木第一体育館に「浜崎あゆみ」のカウントダウンライブを観に行ってきた。
グッズ売場には、長蛇の列。
あゆファンの女性が多く、まるで自分が「浜崎あゆみ」と言わんばかりのなりきりファッションとメイクの女性が目についた。
今回も2階席からの、鑑賞。
ちょっとステージから遠い席だったので、やや観難い感はあったが、ステージ全体が上から見渡せるのでアリーナ席よりは良い場所。
061230_18080001
夏のライブに続いて2回目の鑑賞。
前回同様、本編はMCなしでのぶっ通し1時間半。
衣装替えも7回位。
ダンサー、バック、全く途切れることなくステージングが構成されているので、間延びすることなく、観客を「飽きさせない」良いライブだった。
アンコールの部は、今回はやや短く30分程度。
ラフなジーンズとTシャツで登場。
まったく飾り気のない、あゆのライブ。
前回同様感じたのは、前半はエンターティナーの「浜崎あゆみ」、後半は音楽の大好きなヴォーカリストの「浜崎あゆみ」。
二つの良いところ観れた。
来年は、アジアツアーを企画しているらしいので、日本で観ることが難しいだろうが、また絶対に観たいアーティストの一人である。
今回の評価は、勿論★★★★★!

最新映画、話題作を観るならワーナー・マイカルで!

本店の不思議

12月29日(金)が今年の仕事納めだった。
例年、仕事納めの日は忙しいながらも、6時くらいから、職場で宴会が始まる。
通常は、すぐ切り上げるのだが。
「本店」も例外でなく、宴会があった。
なんと場所は、「ロビー」のど真ん中!
ここに、アルコールと豪勢な食べ物がセッティングされていたのだ。
しかも、役員が乗り込んできた。
どうも、役員のなだれ込みは恒例らしい。
所謂、頭取もなだれこみ、一緒に宴会をしている。
1時間以上経っても、全く終わる気配がない!
一体なんなんだ!?この騒動は!
終わる気配がなかったので、おいらは先に、ワインを一本頂いて帰宅した。
聞いた話では、だれも社員はこの宴会の片付けをしないらしい。
清掃業者に、片付けをまかせるらしい。
これって、「本店」の不思議だと思いませんか?

アイ・アクア

December 29, 2006

例年、この時期に焦ること

例年、この時期になると、焦ることがある。
それは、年賀状。
過去3年間は、喪に服していたので年賀状は出さなかったが、喪中はがきを出した。
去年は、引越も重なっていたので、喪中はがきも出さず。
来年は、喪が明けるので年賀状作成の準備に取りかかっている。
今度は、転勤の挨拶もかねるから、大忙しだ!
時間との勝負、年内の投函間に合うか!?

 iTunes Music Store(Japan)

December 27, 2006

クリスマスの日に「Crystal kay」

Top_right
12月25日(月)は、クリスマスの日。
この日、おいらはクリスマス気分を味わう為に、パシフィコ横浜まで足を運んだ。
月曜日の忙しい日だったが、遠慮もせず、定時で退社。
そう、毎年恒例になっているらしい、「Crystal kay」のクリスマスライブだ。
7時30分に開演。
余裕で間に合う。
実は、恥ずかしながら、Crystal kay の曲はよく知らない。
でも、雰囲気を味わう為にライブに行った。
この日の、ライブの編成は、アコースティックバージョンだ。
ファースト、セカンドヴァイオリンにチェロ、ビオラ、ウッドベース、アコースティックピアノ、アコースティックギター、そしてパーカッションというバックの編成だ。
おいら自身も、このような編成のライブは初めてだった。
とても新鮮に感じた。
と同時に、3つのスクリーンに映し出される絵画が、とてもアーティスティックだった。

Crystal kayは、横浜出身の20歳の女子大生。
だが、ベースには外国人の血が流れているせいか、とても音楽センスあふれてた。
歌唱力がとても高い。
聞いていて、非常に驚かされた。
日本版マライアキャリーといったところだ。
バラードを歌わせたら、今の日本の歌手の中で右に出る女性ヴォーカリストは少ないのではないだろうか。
ファルセットヴォイスの出し方がとても綺麗で、地声とのアンサンブルの違和感が全くない。
素晴しい!
感動した!
約2時間で終了したが、とても良かった。
次回、観に行く機会があったら、今度は事前に予習をしていったらもっと面白いだろうと感じた。
今回のライブの評価は、★★★★★。
最高ランクだ。
ちなみに、パシフィコ横浜は音響がとても良い。
ありがたいことです。
それとちょっと脱線しますが、髪の毛をおろしたCrystal kayは20歳に思えないくらい色っぽいです。

森下仁丹オンラインショップ

December 24, 2006

期待はずれな「キリンブラウマイスター」

Koku_01
最近流行の、プレミアムビール。
ビール飲料メーカー各社が出している。
週末は、色々なプレミアムビールを飲み比べている。
人それぞれ好みがあるから一概にはいえないが、中には美味しいと言えないものもある。
個人的に期待はずれだったのが、「キリンブラウマイスター」
サントリー、サッポロ、アサヒのプレミアムビールに比べるとコクと後味が今ひとつの感がある。
泡もビールの旨味だが、ラガーの域をぬけていない気がする。
苦みだけは、キリンらしさがでていた。
おいら的には、プレミアムビールと呼ぶには、ちょっとという結果であった。

ANA 国際線航空券

December 23, 2006

町田金森まで親善遠征試合

Img_0732
今日は、ガキンチョの少年野球で町田の金森まで遠征。
南第4小学校で、金森アームズと親善試合を3ゲーム行った。
神奈川と東京とでは、少年野球の運営ルールがやや違うので、東京ルールにあわせる。
さて、うちのガキンチョは、1ゲーム目に初めてハマヤンでスタメン起用且つフル出場させてもらえた。
ライトで8番。
結果は、3打数0安打、1三振。
守備ではライトフライ一つとライトゴロを一つを処理。
2試合目は、4年生だけの試合だったので、この時間に小学校の校庭で、金森アームズの父兄のかたがたに「豚汁」を振る舞ってもらう。
おいらは、3杯お替わりさせて頂いた。
3試合目。
この試合は、いつものように控えスタートで、最終回に代打で出場。
今回も三振。
今日は通算、4打数0安打、2三振。アウトを二つゲット。
一本ぐらいヒット打てよ!という気持ちだが、仕方がない。
また素振りの特訓だ!
それにしても、青空のしたで食べた豚汁は最高でした。


ハピネット・オンライン ポケモンショップ

December 22, 2006

松嶋菜々子はやはり綺麗だ「犬神家の一族」

005
12月21日(木)、先週は「ノロウィルス」にかかってしまい、映画鑑賞ができなかったので、今日は絶対見るぞと勇んで、GENTOに足を運ぶ。
恒例の、109シネマズMMのレイトショー。
マクドナルドで腹ごしらえをして、一番早く始まる「犬神家の一族」のチケットを購入。
ホラー映画かと思って、ちょっと敬遠気味だったがやむを得ず。
この映画を、見た人は誰もが「松嶋菜々子がとても綺麗だ」と感じたと思う。
おいらも、この映画の松嶋菜々子は特に綺麗と感じた。
それが非常に印象に残った映画だった。
ジャンルはホラーというより、推理ものという印象がとても強かった。
だから怖い思いをしなくても見ることができた。
実は、ホラーものは苦手なのだ。
推理ものだから、ストーリー性もしっかりしており、所々笑いも交えて、全体としていい映画だと思った。
映画の題名はホラー的だが、怖がらずに見られる面白い映画だ。
この映画もお勧めです。
評価は勿論、★★★★★。

公式サイト      http://www.inugamike.com/


icon
icon

安倍晋三首相と握手をして

特別国会が閉会になった19日。
この日、篠原西小学校の6年生達にとてつもないことが起こった。
それは、社会科見学のため国会議事堂を訪れていた子供達の前に、安倍晋三首相が通りかかったのだ。
子供の中から、「安倍総理だ!」との声が上がったらしく、みな安倍晋三首相に握手を求めた。
それに対して、嫌な顔をせず、笑顔で握手に答えてくれたらしい。
うちのガキンチョも、握手をしてもらったと言い大喜びで帰ってきた。
どんな人であれ、テレビに映っている人を目の前にするのが嬉しかったらしい。
多分、一生「安倍晋三首相と握手をした」と一生言い続けるに違いない!

いいもの王国

December 17, 2006

「ノロウィルス」の感染源は一体なんだったか。

ふと、思った。
「おいらは、どこでノロウィルスに感染したのか?」
はじめは、満員電車の中での空気感染か、と思っていた。
しかし、潜伏期間が、体内で1〜2日と知ると、思い当たる節がある。
それは、発症した二日前に食べた、魚介類のオードブルだ。
他の皆があまり取っていなかったので、随分と残っていた料理だ。
もしこれが原因なら、おいらはついていない。
また新橋駅に戻る途中の道沿いは、夜は汚い。
そこに嘔吐物があったような気もする。
そうなると、そこからの2次感染か。
あとは、社内のトイレ事情。
換気が悪いので、ウィルスが飛散している可能性は否定できない。
いずれにしても、手洗いとうがいは励行した方がいいみたいだ。
参考迄に、厚生労働省の「ノロウィルス」Q&Aによると、「ノロウィルス」への特効薬はないらしい。
対処療法しかないらしい。
気をつけましょう。

厚生労働省「ノロウィルス」に関するHP     http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/kanren/yobou/dl/040204-1.pdf

QVCジャパン

「ノロウィルス」との戦い峠を越したか?

苦しかった「ノロウィルス」との戦いも、やっと峠を越したようです。
嘔吐に続いて、下痢の症状が、随分と良くなってきました。
椅子にも座れるようになったので、新規投稿です。
昨晩は、久しぶりに熟睡できました。
というのも、この下痢の症状がひどく、1時間ぐらい経つと、すぐお腹が「グーッ」となり、便意をもよおして、トイレに駆け込まざるを得ない状態だったから。
これは、本当にしんどいよ。
だって、夜中だってこの状態が続いてるんだから。
寝付いたと思ったら「グーッ」となり、肛門の括約筋が緩む。
酷いときは、..........で下着を交換。
便は、水便状態。
しまいには、茶褐色だった便が、色が白くなってくる。
尿意も当然おこらない。
唇が乾いて、脱水症状をおこしている。
だからといって、水分補給しても、すぐに排泄されてしまう。
整腸剤を調剤してもらっていたが、この3日間は、ウィルスの方が強かったみたいだ。
でも、昨日の夕方あたりから、整腸剤の効果が効いてきたみたいで、夜間一度も便意に襲われず熟睡。
今日も変な便意はない。
おいら、下痢の経験はあるが、ここまで酷い下痢をした経験は一度もない。
1時間置きに、肛門の括約筋が緩んでしまうのだから。
しまいには、肛門が開きっぱなしになっているんではと思うぐらいだ。
ということで、「ノロウィルス」にかかったら、このくらい酷くなるから気をつけてください。
酷い人で、10日間も苦しむ人がいると医者は言ってました。
また感染力がとても強いので、子供に感染すると重症になる確率が高いとも言ってました。
気をつけましょう!!!
おいらは、今日は、体力回復に努めます。


icon
icon

December 15, 2006

恐るべし!「ノロウィルス」

木曜日の朝から、嘔吐と下痢が酷かったので、途中退社。今日も休んでます。昨日、医者でウィルス性の胃腸炎と診断される。最近流行りのノロウィルスだった。点滴うって嘔吐は止まったが、下痢がひどい。やっとのことで携帯使って投稿です。みなさん気をつけましょう〜。

Apple Store(Japan)

December 12, 2006

「帝国ホテル」にて

今日は、職場のクリスマスパーティーがあった。
場所は、タイトルに書いてあるように、「帝国ホテル」。
新橋〜有楽町間の日比谷側にそびえる日本を代表するホテル。
ここの孔雀東の間で催された。
残念なことに、まだ日が浅いので、知っている人が少なく、自分の中での盛り上がりに欠けた。
しかも、ゲームがあって、それで黒酢をコップ一杯の一気飲みした。
そのせいか、胃の中で発酵が始まっているような感じで、随分とお腹が膨らんできて気持ち悪い状態になってしまった。
でも、勿体ない精神で、こみ上げてくるものを我慢!
なんとか、抑えて帰宅。
「帝国ホテル」でパーティーに参加するのは、大学の謝恩会以来で2回目。
ホテルの中には、高級ブランドショップや、高級食品店がたくさんあった。
おいらのお気に入りの「とらや」のようかんもその中の店舗の一つだった。
企業の、本店ともなるとお金がたくさん与えられるのか、夏と冬のパーティーは必ず高級ホテルを使うそうらしい。
参加する女性たちも、派手にドレスで着飾っていた。
馬子にも衣装とはよく言ったものだと感心した。

ウイルスバスター ダウンロードストア

December 11, 2006

やっと80㎏

2週間振りの、コナミスポーツ。
会社帰りに、横浜駅で下車。
そのまま、いつものコナミに向かう。
勤務地が変わっても、入る時間はいつもと同じ。
今日は、軽めの筋トレとジョギングエアロを一本。
外気の温度と、室内の温度差が大きいせいか、床が滑りやすくなっててヒヤヒヤしながら、エクササイズ!
いつもより、早めにあがって、風呂に入って体重を量ったら、丁度80㎏!
半年前に比べて、2キロ弱減量できていた。
しかも、この2週間、ろくな運動ができていなかったのに、体重が減っていた。
原因は?
多分、満員電車の通勤だと分析。
行き帰りとも、ずーっと電車の中で立っている状態は、結構、足の筋力を使う。
それと、新しい職場での貧そな食事。
この二つの要因で、体重が減ったと考える。
元の体重迄あと3㎏の減量が必要!
ご飯を食べつつ、有酸素運動をして減量をする。
結構気の長い努力が必要だ。
体重を増やすのは簡単なんだけどな〜。

シマンテックダウンロードストア

December 10, 2006

本日は晴天なり

今日は、久しぶりの天気のよい休日。
少年野球の練習も、外で汗をかく程の気温だった。
うちのガキンチョがメガネを使って、野球をするのは今日で2回目。
ハマヤンキースでは、お初。
前回より、慣れてきたみたいで、フライを取りやすくなったみたいだった。
でも、やっぱり体が固いのか、ボールが見えすぎて怖いのか、ゴロを取るときの腰の高さが以前より高くなったような気が......。
まだまだ特訓をしなければと痛感したのであった。
反対に、運動神経はずば抜けているのだが、勉強がからっきし駄目なしたのガキンチョ。
漢字検定なるものがあるらしく、小学校4年生なのに、小学校3年生レベルの漢字検定が不合格だったことが判明。
こっちも、今日から漢字の猛特訓。
おいらも漢字は得意な方ではなかったが、日本人である以上、漢字は知らなければ恥。
3年生の漢字を全て覚え直させねば!
今日から一週間かけて、漢字の猛勉強をさせて、おいらがテストを出すのだ。
間違ったらバツとして、間違った数だけおいらの白髪を抜かせるのだ!
あはは!!!!


icon
icon


「エリッククラプトン」日本最終公演にも行ってきました

Img_main
12月9日(土)、天気は残念ながら雨。
今日は、待ちに待った、「エリッククラプトン」日本最終公演だ。
前日も、観に行ったが、最終公演はどう違うのか?楽しみだ。
その前に、しばらく体を動かしていなかったので、西葛西に行って、バスケットで汗を流す。
そこから、武道館に直行。
今回は、ワンダフルな人と一緒に鑑賞。
靖国通り沿いの武道館の入り口で、待ち合わせ。
ワンダフルな瞬間!
目的は、あくまでエリッククラプトンのライブです。
前日と違って、開演が5時。
武道館の席に座ると、後ろのおっさんが、既にでき上がっているみたいで、「酒くさ〜っ!」
クラプトン世代の年齢を考えると、やむを得ないか!?
近況を話しながら、待っていると、前日同様のスタイルでライブがスタート!
クラプトンが、一人で演奏しながら舞台に歩いてきて、「Tell the truth」。
「うんっ?昨日より、キレがあるぞ?明らかに昨日のノリと違う!」
しょっぱなから、全体の演奏のキレを感じた。
ギターソロも、勿論全てアドリブだが、昨日よりも長め。
他の2人のギタリストの分を削って、クラプトンが多くソロを弾いている。
アプローチも前日以上にアグレッシブなフレーズを使っていた。
「今日は、きれの良いジャズっぽい演奏だ」
舞台中央は、クラプトンの立ち場所。
そこだけ、「2メートル四方位のアラビア絨毯」がしかれている。
これも前日と同じ。
使っているギターは、愛称「ブラッキー」こと黒のストラトキャスター。
3曲目に、ギターの弦が切れるハプニングがありながら、そのギターでアドリブを難なく弾く姿は、「さすが、ギターの神様」といわしめる程の実力者。
前日同様中盤で、アコースティックの演奏にきりかわる。
「アンプラグド」だ。
これまた、昨日以上に上手い演奏を披露してくれた。
アコースティックギターでのソロ、リフ、ともに素晴しかった!
とてもジャジーな演奏、これぞワンダフル!
アコースティック演奏が終わり、バンド形態に戻る。
「ワンダフルトゥナイト」のリフが鳴いていた。
ストラトキャスターの良さを引き出した1音1音、スタッカート気味にチョーキングで音を止める渋さ。
「上手い!」の一言につきます。
コンサート終盤、前日同様「レイラ」の演奏。
これも、バンドとしてのまとまりが、昨日以上に良かった。
そして「コケイン」で、本編終了。
アンコールは勿論、「クロスロード」。
前日より格段キレがあった。
やはり、日本公演最終日ということもあって、気合いの入った素晴しい演奏だった。
終演後、いつものように「Tシャツ」を3500円で購入。
渋谷に向かい、居酒屋で夕食。
雨も上がり、東横線で帰宅。
気分が良かったので、帰りのコンビニで「プレミアムビール」を買って飲んだ。
ゴージャスな1日と言ってもいい時間を過ごせました。

今回の、ライブを見ておいらは、感じたことがある。
かつて、ヤードバーズを経験した三大ギタリストの1人であったクラプトン。
他の、ジミーペイジやジェフベックと比べて、若き頃は一番売れなかった。
落ち込んだ時期に、ドラックやアルコールで廃人寸前迄落ちこんだ経験を持つクラプトン。
でも、必死の努力で立ち直り、表舞台で活躍するようになった。
今や、3大ギタリストの中で一番売れたミュージシャンだ。
「大器晩成」、この言葉が一番似合っている。
この姿は、見習うべきところがあると思った。
「苦労を跳ね返して、這い上がれば61歳でも活躍できる。人生いいことばかりじゃない。大器晩成が一番幸せなのかもしれない。おいらも今はくすんでるけど、いつかまた表舞台で活躍してみせる。」と感じました。
人生の教訓にもなった、ライブでした。

ドラゴンボールグッズ専門店 ドラゴンボールショップ

「エリッククラプトン」の後に「F」

Img_rehearsal_s01
12月8日(金)、「エリッククラプトン」のライブが7時から日本武道館で行われた。
この日、おいらは直前にチケットを入手できたこともあり、職場も近かったので、ミヤタと鑑賞。
おいらは、6時半前には、武道館に到着。
おにぎり弁当(500円)とビール(350円)を座席で、頬張りつつ、開演を待つ。
久々の、日本武道館。
学生時代以来のはずだから、17〜8年振りの入館。
「武道館ってこんに小さかった?」
「横浜アリーナの方が大きく感じたのは、おいらだけ?」
スクリーンセットもない。
2階席だけど、舞台がすごく近くに見える。
昔は、随分大きなところと思ってたけど、ドームで見慣れているから小さく感じるようになってしまった。
かつては、武道館公演を開催できることが、アーティストのステイタスだったのだが.........。

さて、7時ちょっと過ぎた頃に、開演。
ステージ右裾から、バンドのメンバーが入ってきた。
クラプトンが、最後にギターを弾きながら入ってきて、「Tell the truth」でオープニング。
おいらにとって、生クラプトンは「初」。
なんだか、「猫背のじじい」のように見えた。
確かに、既に61歳になるクラプトン。
ギターを持って、背筋をピンとのばせ、というのは無理があるのかも。
でも、歌声にはハリがあって、CDで聞く歌声と同じ。
年齢を感じさせない。
ギターも味のある、クラプトン節のフレーズを聞かせてくれた。
音がすごくよかった。
今回、クラプトン含めて3人のギタリスト編成。
当然だが、一番いい音色、暖かみのある音色、ストラトキャスターのよい音色を活かしていた。
「さすが、大御所」、神と呼ばれたおいらが、唯一「ギターの神様」とみとめる人物だ。
コンサートの中身は、ブルース色が強かった気がする。
何か全体的にキレがなかった。
明日の最終公演に備えて、やや力を抜いている感じがした。
この日は、「コケイン」が一番いい演奏だったかな。
アンコールの「クロスロード」なんかは、もたれ気味でだるかった。
この日思ったのは、「今日は多分サザンロック的なブルースをやりたかったのかな」という感想だった。

いろいろ、評価をしながら、「表参道」にあるミヤタの行きつけのバー「F」に足を運ぶ。
そこで、今後の音楽活動について、構想を話し合いながらグラスを傾ける。
お酒がまわってくると、余計なところに気が行ってしまうのがおいらの癖。
隣の籍に、50代前半のおっさんと20代半ばくらいの女性が座った。
とても不似合いな2人だった。
おっさんは、「金持ってんぞー」という顔つきで、ネクタイだけ妙に派手な格好のちび。
女性は、派手な赤と黒の衣装に身を包んで、色気を醸し出して入るが、ネイルアートが今ひとつのぽっちゃり系。
会話もあまりなく、一体どういう関係か?詮索を始める。
同伴出勤前?愛人クラブ?
お互い愛し合ってるように見えないから不倫関係でもない。
どうも、おっさんが一方的に気に入っている感じに見えるから、多分同伴出勤前と見るのが妥当かな。
そんな詮索をしながら、終電が気になったから「おあいそ!」
まずまずの「フライデーナイト」だった。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM

December 09, 2006

予想外に面白かった「プラダを着た悪魔」

3821
今週の木曜日(12月7日)、転勤して初めて映画を観た。
場所は、いつもの109シネマズみなとみらい。
レイトショーでの鑑賞。
今回は、早く帰りたかったので、一番早く終わるレイトショーで映画を選択。
「プラダを着た悪魔」だった。
悪魔という文字に、抵抗感があったのだが、やむを得ず。
この映画、サクセスストーリーものの映画であった。
アンハサワウェイ演じる主人公が、とても魅力的な女性に変わって行く姿は、見ていて気持ちがよかった。
メリルストリープ演じる上司が「ザッツオーライ」という台詞がとても印象的。
コメデックな場面もあるので、楽しんで鑑賞できた。
この映画なら、推薦できる内容だ。
評価としては、★★★★☆。
映画好きな人にはお勧めの作品だと思います。

公式サイト:http://movies.foxjapan.com/devilwearsprada/

NEC「得選街」

December 08, 2006

新天地の初日は!?

Img_0728
12月6日(水)、新天地に正式着任。
(写真は、前任店で新天地とは関係ありません。)
やはり、どこにものがあるのか勝手が分からない。
それを察して、周りのひとが「何探してるの?」とよく声をかけてくれた。
お昼は、肉豆腐定食を食べた。
が、「やってもーた!」
食べ終わった、食器を返却しにいくとき、ネクタイを肉豆腐の皿に浸していたのだった。
全く気がつかなかった〜。
お腹の辺りが冷たいと思ったら、びちょびちょだった!
「ついてねー!」
それ以外を除けば、無事に定時で仕事が終了。
おっさん連中が、4時半頃からうずうず動いていたから、おいらも察して、そそくさと立ち飲みの焼き鳥屋に直行。
5時45分迄に入店したら一杯目のドリンクが無料だから、おっさんたちに人気だ!
本店勤務は、給料が少ないからと、おっさんたちは「ホッピー」を頼む。
おいらは、前回いたい目に会ったから、ふつう?のビールと「マッコリー」を頼んだ。
「マッコリー」をおいてる焼き鳥屋は珍しいのではないだろうか?
韓国の濁酒だが、最近女性に人気があると言う。
おいらは、大阪にいたときから、焼き肉の「でん」で「マッコリー」を瓶で頼んでいた。
酸味の効いた、フルーティーな濁酒だ。

うまい焼き鳥食べながら、立ち飲みしたい人、一度一緒にいきましょう。
話のネタ作りに、面白いですよ。

ネイチャーメイド大容量サイズ

横浜駅前最終日

Img_0726_1
12月5日(火)に、いよいよ横浜駅前の最終日を迎えた。
ココログの障害で、せっかく撮った写真も即日アップできず、今日に至ってしまった。
気を取り直して、せっかくカメラを持っていたのに、気がついたときは、既においらが帰ろうと思った直前。
「あっ!忘れてた!」と思い出し、鞄の中から、デジカメを取り出して、シャッターを切ってもらった。
「寂しくなるね!」なんて言葉をかけられると、短い間だったがおいらの伝えたいものが伝わったのかなと嬉しい気持ちになりました。
去る者としては、この言葉をかけられるのがなにより嬉しいのです。
兎に角、「元気なつねさん」「明るく大きな声のつねさん」「笑いを絶やさないつねさん」を目指していた。
人気者になろうという意味でなく、コミュニケーションの良くとれた場を提供したいという思いからのポリシーだ。
反面、「仕事上は男性陣には厳しく接する」ポリシーも貫いたつもりである。

この日は、即家に帰って、9時頃には寝てしまっていました。
それなりに、緊張して疲れていたのでしょう。
最後に、当日言い忘れていました。
寂しい訳ではないのですが、横浜駅が乗り継ぎ駅ですので、皆さんが普通に帰る時間帯に、多分おいらは「横浜駅」に既に到着している頃になります。
飲みに行くでも、食事に行くでも、お声かけあるいはメールよろしくお願いします。

上新電機

December 04, 2006

懐かしい声を聞いて

今日、仕事中ではあったが、なんだか、大阪に居た頃に一緒に仕事をしていた、ある女性の声を聞きたい衝動にかられた。
メルアドが、変わっていて、なかなか連絡がとれなかったうちの1人。
今の勤務地を探して、暇な時間帯にコール。
元気な、懐かしい可愛らしい声で、電話に出てくれた。
話の間の取り方も、昔と同じ。
「変わってないな〜。」と感動しつつ、転勤したことや、近況を短時間であったが、話した。
なんか、とっても心が洗われた気分になった。
茨木で一緒に働いた連中なら皆が知ってる、「中瀬」さんだ。
小柄で細身、笑顔がチャーミングな女性。
当時は、写メールとかデジカメが普及してなかったので、このブログにのせることができないのが残念。
声も、全く変わっていない。
もう一度、機会があれば会いたいな。
おいら自身、この頃が一番仕事も何もかも充実していた頃だったから。
でも、昔に戻りたい訳ではない。
自分探しをしている。
本来の自分を取り戻したい。

セシール - デジタルカタログ

December 03, 2006

今日は、やや落ち着いた状態

今日は、少年野球に外出して、審判をした。
昨日が、よろしくない状態だった。
今日はどうかなと思ったが、久々による熟睡できたので、症状はでなかった。
「病は気から」という言葉がある。
今日は、好きな野球に出かけて体を動かしたから、良かったのだろう。
主治医にも、「好きなことをして、体もどんどん動かすように。運動するのが完治の近道。」といわれている。
気でストレスをコントロールできれば、状態はまた良くなってくる。
考えてみれば、先週は体を全く動かしてなく、いい汗かかなかったもんな〜!
冷や汗はかいてたけど........。

DHCオンラインショップ

メガネでデビュー!?

さて、上のガキンチョ、今日は風邪が治って調子は良好みたいだ。
「YOKOHAMAクラブ」の試合が神奈川区の菅田小学校であるので、昼に出かけた。
到着すると、チームの子供が数人待っていた。
うちのガキンチョは、少し恥ずかしそうに鞄の中からごそごそと「メガネ」を取り出した。
今日が初めて、「メガネ」を使う日なのだ。
曇りの日や夕暮れ時にノックをすると、あさっての方向に行くのでおかしいと思って、先日眼科に行ったら、視力が0.1位しかないと判明。
教育方針で、小学校の間は、絶対メガネをつくらないときめていたのだが、これでは野球ができないと思い、野球をする時限定でメガネをつくってあげたのだ。
どうも、それが嬉し恥ずかしいみたいだ。
子供は、メガネをはめると知的に見えると感じているみたいで、仲間に「カッコいい」といわれ喜んでいた。
といって、突然野球がうまくなる訳でもなく、相変わらずの運動神経の鈍さである。
今日は、7番ライトで、初めてのスタメン起用だった。
結果は、1三振でエラー1。
途中後退したが、これが実力やむを得ず。
まだまだ、おいらとの特訓の日々が続きそうである。

December 02, 2006

やはり、きたか!「パニック症状」

転勤が決まって、職場をかわる準備をしているさなか、一昨日位から、体に変調がおこり始めていた。
一昨日は、ちょっと変だな程度。
昨日は、お昼過ぎ当たりから、もしかしてまたか。
今日は、これはそうだ、当確だ!
残念ながら、一番恐れていた事態がおこってしまっていた。
環境の大きな変化による「パニック障害」の症状!
今回も、頭の筋肉が強張って頭部から血が引くような感じがおこったり、突然体から力が抜け、ふらふらし始めた。
ちょっとした頭痛も伴っている。
この一週間、短期間で職場の移転という大きな環境の変化があった為だ。
幸いに、今日は、ガキンチョが風邪を引いたので少年野球が休みで、バスケットボールの練習も休みだったので、新横浜の「プリンスぺぺ」に歩いて出かけた程度で、行動を抑えた。
自分で原因の把握と症状の把握とコントロールができているので、過去に比べれば良くはなっている。
去年の冬にも、同じような症状が起こったのを覚えている。
そのときは、単身生活から、家族同居になったのが原因。
まー、気長に病気と付き合っていくしかないですね。

JCBカード

「送別会」に感謝

昨日(12月1日)から、横浜サイドの引き継ぎ業務を行った。
12月5日の火曜日迄、横浜で仕事をすることになる。
そして12月6日の水曜日に、本店に正式着任。

昨日は、職場の仲間たちが送別会を催してくれた。
感謝です。

みんな興味を持っていたのは、「本店」でどのような仕事をするのか?
そして、「本店」はどういうところなのか?

おいらの勤務する「本店」は「本部セクション」とは異なるところ。
いくつもに細分化された業務ラインに分かれており、業務の互換性を持たない。
おいらもさぞ忙しいところと勘違いしていたが、ふたを開けたら「とっても暇な職場」!
「毎日が、定時退社!」
「横浜の方が、10倍忙しい!」といっても過言ではない。
だから、「時間が経つのが、とっても遅く感じる!」ところなのです。
お客さんがたくさんくるのかな?と思ったらとんでもない!
お店には、「閑古鳥」が何羽も飛んでもとんでました!
「本店」がある場所は、駅から遠いからかなー。
月末でも、4時半頃から、おっさんたちが職場をうろうろ歩き始めて、酒を飲みに行きたくて仕方がない行動をとりはじめる。
そしてびっくりしたのは、おいらが所属する部署では、おいらが初のF銀行出身者。
いままで、D銀行出身の人と、M銀行になってから入社したした人しかいなかったのだ。
ちょっと話はずれますが、食堂のご飯が美味しくないのだ。
A,B,C,特別定食やカレー、ラーメン、丼、うどん、そば、等色々選べるようになってはいる。
横浜の食事のほうが、とても美味しいんです。
特別食で「うな丼」の日があったのですが、どのうな丼も、うなぎは全て「しっぽ」の部分だけだったそうです。
それを観察していた人もいるのだが......。

そこにいる人はどんな人がいるの?
「変人とおっさんの集まり」かな。
おいらは、変人?おっさん?
おっさんたちは、皆セカンドキャリア待ち。
変人達は、行動と言動がおかしい。
まともな人は、新入社員で入った1,2年目の若手女子社員と、若干名の中堅男性社員。
若手女子社員は、育った頃に、他の支店に羽ばたいて行くらしい。
だから、「誰かいい男の人紹介して」と言われても、誰もいないので、紹介できないのが残念です。

まー、答えてみるとこんな感じでしょうか。

昨日は、非常に楽しい送別会の主役にしていただいてよかったです。
大した仕事もしてなかったので、恐縮です!
「ありがとうございました!」
もう今年も12月、ちょっと早いクリスマスプレゼントをありがとうございました。

ベルーナネットショップ

« November 2006 | Main | January 2007 »

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

MUSIC CD/DVD & DOWNLOAD St.

Recent Trackbacks

横浜特集

  • 横浜で人気のショッピングモール
    インターネットで購入できるおすすめ商品や情報を、広く紹介するサイト。 横浜のみなとみらいのランドマークPLAZAやQueens Squaer、World Porter等を意識したブログタイプのショッピングモールです。

事務用品・オフィス用品  St.

Podfeed