My Photo

座・宴会の仲間達

  • 和田さん
    おいらが参加した宴会のショットをのせてみました。 楽しい、宴会の席をイメージしてください。

学習院大学 世界民謡研究会

  • 福田先輩との一コマ
    おいらが、大学時代所属していた、音楽サークル。

ハマヤンキース  

  • 慶応大学野球教室にて
    横浜市港北区で人気のある、少年野球チーム。 古豪チームの多い地区で、常に上位に名を連ねる。 地元ベイスターズと同じ、青の縦縞ユニフォームとヤンキースのロゴを取り入れている。 監督、コーチ陣もしっかりしており、将来を見据えた、野球教育をしている。 10周年を2006年に迎えたばかり。

Sports用品   St.

皮革製品 St.

サプリメント(健康食品) St.

PHOTO SHOP St.

無料ブログはココログ

検索エンジン


ツィート

« 今宵は、フィーバー? | Main | マツケン主演「バルトの楽園」 »

June 26, 2006

こんなのあり?「角松敏生」横浜アリーナライブ

Image1_2
年末でもないのに、二日にまたがって行われたコンサートがあった。
先週の土曜日、6月24日横浜アリーナで開催された、「角松敏生」のライブだ。
まさか、そんなに長い時間ライブをやるとは、思ってもみなかった。

その日は、おいらは最近のお決まりのパターンで、少年野球の練習があった。
この日は、「片倉北公園」で練習だったので、車でガキンチョと練習に行っていた。
そして、5時に終わり、やんややんやしてるうちに、家に着いたのが、5時40分。

開演時間が、6時30分だったので、余裕で間に合うと思い、歩いて15分かけて、到着。
ちょっと、お腹に何か入れようと思い、アリーナの近くのデイリーマートで梅おにぎりを一つ購入。
アリーナの中にはいってロビーで食べた。
この日の席は、スタンド席の最前列。
前に誰も人がいなくて、障害物もないとても見晴らしの良い席。
おいらより先に、ガメラこと「宮田」が先に到着して、席に座っていた。
この前会った時より、幾分小さくなっていたような気が..........。
老化が進んでいるのか?ダイエットしているのか?。。。。。。。。多分後者。
鳩胸が、平らになってきている。

そう思いながら、「ロビーでビール飲もうぜ」と、ガメラを誘い、ビール一杯500円をゴクッと、一気飲みする。
そこで、ガメラがボソッと「このライブ長いらしいぞ」。
「長いっていっても、せいぜい10時くらいじゃないの?」とおいら。
「途中で、休憩を入れさせてくれと言うらしいぞ」とガメラ。
「角松も歳だからしょうがないよな〜」と言いながら、席に戻って開演を待つ。

このライブ、ビデオを巧く使って演出をしたライブであった。
先ず、オープニングは、控え室のライブ映像。
そこから歩いてステージに向かう「角松」をとりながら、始まった。
ほとんどの曲をおいらは知らなかったが、中山美穂が歌った「you're my only shinning star」は、わかった。
それと、カミソリのCM「take me to the sky high」。
この程度だ。

ビデオを巧く使った演出というのは、今回25周年記念ライブであったので、それに対しての友人のメッセージや、「角松」の一人インタビューを、セッティングの合間に流していたこと。
セッティングを変えてる間を感じさせなかったのはよいことだ。

そして、宮田が行ってた通り、1時間45分の演奏後、20分の休憩が入る。
トイレには長蛇の列。
女子トイレがすごく長い列をなしていた。
ここで感じたのが、今回の年齢層は、30代後半から40代後半の、おじさんおばはんが多い。
髪の毛を茶色に染めて、若作りしてても、歳はごまかされませんぞ!!
肌のたるみでわかるのだ!

続いて、アクト2(第2部)。
これが、クドかった。
「沖縄、宮古島」シリーズ。
これだけで、2〜3時間費やしてたんじゃないの!?ってぐらい。
「宮古島」シリーズは、「角松」が、知り合った「沖縄宮古島」のミュージシャンを紹介して、歌を歌ってもらうというもの。
「宮古島」の人だけで7人いたのかな。
飲み屋で知り合っただの、どうだのこうだの、内輪ネタが多かった(当然だが)。
音楽的に新鮮であったが、趣旨がずれてきてるようで、「なんとかせー!」という感じであった。
さて、時計を観てみると「10時30分」を過ぎていた。
おいらの時計は、ボタンを押すと光って、暗いところでもよく時間が見える時計だ。
左となりに座っていた女性(40半ばくらいの主婦)が、おいらが押した時計を覗いて時間が見えたのか、あわてて帰っていった。
とても終わる気配がない。
11時20分ごろ、ついに宮田がしびれを切らせ、「お先に」と帰っていった。
おいらは、歩いて帰れるので、最後迄見るつもりで、「じゃまた」と、挨拶。

そいでもって、最後の曲「take me to the sky high」では、会場のファン全員が、紙切れで飛行機を作っていたらしく、曲と同時に、紙飛行機を飛ばし始める。
素晴しいような、アホらしいような光景であった。

11時45分、「さーこれで終わりだ!」と帰ろうと思っても、アリーナの電気がつかない。
「おかしい!この期に及んで、アンコールを要求させようとしているのか!」
後ろに座っていた、関西からきた観客も、「はよ、でてこんと、みんなかえられへんぞ」とお怒りモード。
約10分間「アンコール」とシュプレヒコールが響いていた。
まだ、この時点で、大半の人が、残っていた。

そいでもって、やっとアンコールに「角松」が登場。
2曲演奏して、「サヨナラ」と、ステージから消えると思ったら大間違い。
アリーナの真ん中に設置された、舞台装置迄、歩いて移動。
観客が、つられてどっと動く動く!
おいら的には、「何じゃこりゃ???」状態だった。
そして、アコギ一本で、一曲披露。
これで、やっと終了。
電気がついて、時計を見たら、12時30分。
6時間のライブであった。

ファンでもないのに、6時間つきあったおいらを「えらい!」と思いたい。

夕飯もろくに食べず、ひたひたと家路について、即、暴睡に入ったおいらでした。

このライブの評価は、★★☆☆☆。
そりゃそうだろ!チケット売るときに、長くなるって事前に言わなきゃ!
家に帰れない人が、どれだけいたか!
人の迷惑顧みろってんだ!
間延びしちゃって、「角松敏生」のマスタベーションのようなライブだったぞ!
ただ、音楽的な部分では、バックバンドの質が高かったから、そこは評価して二つ星。
それがなかったら一つ星。


ioPLAZA【アイ・オー・データ直販サイト】

« 今宵は、フィーバー? | Main | マツケン主演「バルトの楽園」 »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58075/10692971

Listed below are links to weblogs that reference こんなのあり?「角松敏生」横浜アリーナライブ:

« 今宵は、フィーバー? | Main | マツケン主演「バルトの楽園」 »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

MUSIC CD/DVD & DOWNLOAD St.

Recent Trackbacks

横浜特集

  • 横浜で人気のショッピングモール
    インターネットで購入できるおすすめ商品や情報を、広く紹介するサイト。 横浜のみなとみらいのランドマークPLAZAやQueens Squaer、World Porter等を意識したブログタイプのショッピングモールです。

事務用品・オフィス用品  St.

Podfeed