My Photo

座・宴会の仲間達

  • 和田さん
    おいらが参加した宴会のショットをのせてみました。 楽しい、宴会の席をイメージしてください。

学習院大学 世界民謡研究会

  • 福田先輩との一コマ
    おいらが、大学時代所属していた、音楽サークル。

ハマヤンキース  

  • 慶応大学野球教室にて
    横浜市港北区で人気のある、少年野球チーム。 古豪チームの多い地区で、常に上位に名を連ねる。 地元ベイスターズと同じ、青の縦縞ユニフォームとヤンキースのロゴを取り入れている。 監督、コーチ陣もしっかりしており、将来を見据えた、野球教育をしている。 10周年を2006年に迎えたばかり。

Sports用品   St.

皮革製品 St.

サプリメント(健康食品) St.

PHOTO SHOP St.

無料ブログはココログ

検索エンジン


ツィート

« 「子供の日」は、「バッティングセンター」と「名探偵コナン」 | Main | 「TOTO」 Live at 東京国際フォーラム  »

May 07, 2006

「TOTO」 Live at パシフィコ横浜国立大ホール

Toto_060207
昨日(5月6日)は、朝、名古屋駅から新幹線で、横浜の家に戻る。
新横浜下車、徒歩15分のところに、家があるので、お昼前には、家に到着。
その足で、おいらは、歯医者にダッシュ!!
昼の12時に予約をしていたので、岸根公園駅に行く。
歯医者の治療が終わると、今度は上のガキンチョを連れて、「少年野球」の練習に小学校迄、自転車をこぐ。
この日は、練習試合が2試合あったらしい。
「らしい」というのは、途中でおいらは失礼させていただき、夜の予定の準備に取りかからなくてはいけなかったからだ。
夜の準備とは、「TOTOのライブを観に行く準備である」。
ホストクラブの準備ではない。

さて、場所は「みなとみらい」にある、「パシフィコ横浜国立大ホール」。
おいらは、桜木町の駅から歩いて、ランドマークプラザの中を通り抜けて、向かった。
途中、「さすが横浜!?」と思わせる光景に出会う。
一つは、外人(欧米人)のダフ屋。
「チケットあるよ〜。」、と片言で、通行者にアピールしていた。
そして、もう一つは、大ホールに入る直前に、視界に飛び込んでくる、海の景色。
素敵な景色で、敢えて言うならば、「カップルで行きたいコンサートホール」。
すばらしかった。
さて中に入ると、更に素晴しい設備。
「きっと設計者は、崇高な音楽ホールに設計者はしたかったのではないだろうか?」と思う程の、豪華な内装。
そして、ロビーには、ドームにあるようなチンケなドリンクコーナーでなく、ホテルロビー並みの、ドリンクコーナーが設置してあった。
開演時間がせまっていたので、ドリンクコーナーは横目で眺め、キャラクターグッズ販売コーナーで、恒例となった、「Tシャツ」を購入(3500円)。
そして、ホールの中にはいって、自分の席へ向かうと、今回も「ガメラ」なる宮田君が先に待っていた。
この日も、右耳にピアス。
椅子に座った瞬間、会場内のふわふわな心地よい椅子に感動!!!
これぞ、「コンサートホール」だよって感じだった。

思い起こしてみれば、この数年、ライブハウスとアリーナ、ドームにしか、ライブを観に行った事がなかったのだ。
記憶を辿ると、立派な椅子のある、コンサートホールは、約20年振りかも.......。

そして、待つ事約10分、SEとともに、ライブが始まる。
「なんて、音が良いのだろう!バランスバッチリ!」と感動してオープニングの曲をスタンディングで楽しむ。
曲の合間には、「ルーク!ルーク!ブラボー!ドゥユリメンバーミー?」と大声で叫ぶ。
Toto_liveinjapan06
ちなみに、このバンドのギターは、「スティーブ・ルカサー(通称:ルーク)」で、おいらのギターの先生である。
もっとも尊敬する、ミュージシャンの一人でもある。
名古屋の「ブルーノート」で、セッションしたときも、おいらは駆けつけた。
一昨年の冬だったかな、このブログにも記事を載せている。
とにかく、最初から最後迄、アドレナリンがでっぱなし状態だった気がする。
おいらは、「TOTO」のなかでも、「聖なる剣」、「HYDRA」、「TURN BACK」、「TOTOⅣ」、「ISOLATION」の頃の作品をこよなく好んでいる。
当時のメンバーも、才能あふれた面々で、いわゆる、スタジオミュージシャンの集まり、「プロ集団」だったのだ。
グラミー賞総嘗めの作品もあった(「TOTOⅣ」)。
誰もが聞いた事のある曲、「Rosana」、「africa」といった曲も演奏してくれた。(「TOTOⅣ」から)
そして感動したのは、「HOLD THE LINE」と「GOOD BYE GIRL」(「聖なる剣」から)
そんでもって、「HYDRA」のリフ。
印象的だったのは、ボビー(ヴォーカル)がいない頃の作品が、以外と多かった事。(ボビー・キンボールはオリジナルメンバーで、途中脱退したが、今はまた、復帰してメンバーの一員)
「Pamela」、「isolation」「I`ll be over you」「Stop lovin` you」
残念だったのは、「TOTO」の代名詞「子供達の凱歌」が演奏されなかったこと。
でも、「すんごいすんごいすんごいよかったー!!!!!」
やっと、「生TOTO」を見れたという事に、超満足。

そんなこんなで、興奮冷めやらぬ状態で、横浜の街にもどって、宮田と軽く飯を食べて、かえったのでした。
めでたしめでたし。

nextmaruni_LIMITED EDITION_2

« 「子供の日」は、「バッティングセンター」と「名探偵コナン」 | Main | 「TOTO」 Live at 東京国際フォーラム  »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58075/9952914

Listed below are links to weblogs that reference 「TOTO」 Live at パシフィコ横浜国立大ホール:

« 「子供の日」は、「バッティングセンター」と「名探偵コナン」 | Main | 「TOTO」 Live at 東京国際フォーラム  »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

MUSIC CD/DVD & DOWNLOAD St.

Recent Trackbacks

横浜特集

  • 横浜で人気のショッピングモール
    インターネットで購入できるおすすめ商品や情報を、広く紹介するサイト。 横浜のみなとみらいのランドマークPLAZAやQueens Squaer、World Porter等を意識したブログタイプのショッピングモールです。

事務用品・オフィス用品  St.

Podfeed