My Photo

座・宴会の仲間達

  • 和田さん
    おいらが参加した宴会のショットをのせてみました。 楽しい、宴会の席をイメージしてください。

学習院大学 世界民謡研究会

  • 福田先輩との一コマ
    おいらが、大学時代所属していた、音楽サークル。

ハマヤンキース  

  • 慶応大学野球教室にて
    横浜市港北区で人気のある、少年野球チーム。 古豪チームの多い地区で、常に上位に名を連ねる。 地元ベイスターズと同じ、青の縦縞ユニフォームとヤンキースのロゴを取り入れている。 監督、コーチ陣もしっかりしており、将来を見据えた、野球教育をしている。 10周年を2006年に迎えたばかり。

Sports用品   St.

皮革製品 St.

サプリメント(健康食品) St.

PHOTO SHOP St.

無料ブログはココログ

検索エンジン


ツィート

« March 2006 | Main | May 2006 »

April 2006

April 29, 2006

ゴールデンウィーク初日は野球だ!

Img_0556_1_1
今日からゴールデンウィークがスタート!
とは言っても、おいらは、9連休にはならなくて、暦通りのゴールデンウィーク。
だから、普通の週末ってかんじかな。
でも、朝に新横浜を素通りしたら、新幹線のホームには、かなりの人がいた。
世間はやっぱり9連休が多いのだろう。
って思いながら、朝、「センター南」のショッピングセンターに向かう。
目的は、少年野球用のバットと雨をはじくアンダーシャツを買う事。
「センター南」は、おいらが知っている頃と比べると、大きく様変わりしていて、東急SCやスポーツオーソリティー
トイザラウスといった、テナントが多数出展している。
随分変わっていて、昔の面影は全くない振興都市に変わっていた。
そこのスポーツオーソリティーで買った、少年野球用のバットがなんと1万1千円もした。
ていうか、技術の進歩もあり、金属バットといってもカーボン製なので、全般に高価になっている。
おいらが、自分用に買った金属バットは1800円程度だった記憶があったから、とてもびっくり!
でも、ガキンチョに高いから駄目とは言えず、顔を引きつらせながら、レジでカード払い。
バットを買って、ガキンチョだけ先に、練習試合に向かう。
今日は、緑区の「東本郷レインボーズ」との練習試合。
おいらは、後から追って行ったから、東本郷第三公園の場所が分からず、迷子になりつつも、なんとか到着。
雨の中、試合が開始されていた。
Img_0557_1
練習試合という事もあり、今日、出席した子供達は全員出場できた。
ということは、ウチのガキンチョも出場してしまったということだ。
何とも恥ずかしい。
運動音痴の、ガキンチョがだ。
でも、ガキンチョなりに,緊張して、コーチから出されるサインも理解して、初打席!
結果は、「ショートフライ」。
「三振じゃなくてよかった〜」と、親バカ心で喜んだ。
目をつぶって、代打で使ってくれた、コーチに感謝!!!
家に帰って、「どうだった?」、とガキンチョに聞くと、やはり相当嬉しかったみたいだ。
親以上に、本人が一番嬉しかったのだろう。
次の機会には結果が出せるよう、毎晩特訓を続けるぞ〜!!
ちなみに試合結果は、5対3で負け。

VB26dl_234_60

April 27, 2006

やっちゃった「Marshall」買っちゃった!

Dsl401feature1
衝動買いも程々に、と思ってしまうのだが、やっちゃいました!
「Marshall」買っちゃいました〜!!!(驚き!!!)
ギタリストの憧れのギターアンプだぜ〜!
昨日、届いたのだが、今日梱包箱から出して試し弾きをしたら、やっぱり「Marshall」の音がする〜!!!
感動だ〜!!!
うきうき気分だぜ〜!
40ワットのコンボチューブアンプだから、ヴォリュームを目一杯あげても大丈夫!!!
ちょっと近所迷惑な程度ですむから、ちょうどいいのだ〜。
満足!!!

April 24, 2006

余韻がまだ....「浜崎あゆみ」代々木国立競技場ライブ

3_1
昨日、テストが終わり渋谷をブラブラして、国立代々木競技場第一体育館に向かった。
目的は、「浜崎あゆみ」のライブ。
5時開演だったので、4時過ぎに、現地に到着。
小雨が降る中、入場の列に並ぶ。
会場内で、オフィシャルグッズの「アユ団扇」を1200円で購入。
以外に、親切価格であった。
さて、ライブが始まる合図で、照明が一斉に消えた瞬間、久々に背筋が震える体験をした。
ペンライトや団扇のライトが一面綺麗に光っている。
それ以上に、SE替わりのビデオが流れる間中、ずーっと背筋がぞくぞくしていた。
なにかのオーラを感じるような気がした。
「これが、女王アユのライブの雰囲気なのか?」。
そして、本編スタート!
最初、大きな赤いバラの中で、歌っている「浜崎あゆみ」を見て「小林幸子?」と勘違いしてしまったが、バラから降りた、浜崎あゆみは、迫力満点、力強さを感じた。
「格好いい」。
そう思ってしまった。
衣装替えの間中、全く飽きさせない演出が憎らしい。
それと、「凄い!」と思ったのは、本編一時間半の間、ノーMCで、ライブが進行されたのだ。
あり得ない事があり得た。
全く、間がなかった。
そして、アンコール。
ここからは、素顔の「浜崎あゆみ」のコーナーという感じで親しみを感じさせてくれた。
浜崎あゆみとよっちゃんのMCコーナーと、音楽で約一時間楽しませてくれた。
最後迄、楽しく過ごせたライブであった。
このライブの評価は、勿論、★★★★★!
音響も、視覚的にも、全く非のつけようのない内容であった。
こういうライブだったら、また観に行きたくなるのも当然である。
機会があったら、絶対にまた観に行きたい「浜崎あゆみ」のライブを。

April 23, 2006

証券アナリストのテスト

日曜というのに、朝早くから、渋谷の青山学院大学に行って、証券アナリストのテストを受験。

去年は、父親が亡くなって間もなかったので、受験キャンセル。

「今年こそ、合格せねば」との強い思いがあったので、TACに通ったが、家での自己啓発が進まず、どうも今日の結果は微妙である。

合格ラインが60%のできであれば、大丈夫だと思うのだが。

今年で、6回目の受験。

やっぱり、こういう勉強は頭が悪いから駄目だ~!

いい加減、合格させてくれよ!という気持ちだ。

でも、試験が終わったから、しばらくは、趣味に興じることができる。

バンド活動再開かな!?

でも、ヴォーカル探さなきゃ!

だれか、ヴォーカルやりたい人いませんか?(女性がいいな)

昨晩は、「大塚愛」を横浜アリーナで.......

P01 昨晩(4月22日)は、横浜アリーナまで自転車を飛ばして、「大塚愛」のライブを観にいった。

自宅から約10分で到着。

おなかがすいたから、新横浜駅まで戻り、ファーストキッチンで、ベーコンエッグバーガーセットをテイクアウトでオーダー。

つでに、サンクスにもよって、生ビール500mlも購入。

会場に入って、エレベーターで席に向かおうとしたら、前にいたデブ男に引っかかってしまい、エレベーターでこけて、ポテトとバーガーがコーヒーでフニャフニャニなってしまった!!(ショック)

でも、我慢して、ビール片手に、ポテトとバーガーを頬張って、開演を待つ。

ちょっとまてよ、おいら「アリーナ」席の最後部に座っているのに、アリーナ席の後ろに、ズラーっと人が立ってるではないか。

こんな立見席ってあり?と思ってたら、ライブがスタート。

P04 ミドルテンポの曲からスタート「LOVE99」の曲が多かった。

ツアー名が、「LOVE99ツアー2006~マスカラ毎日つけてマスカラ」だ。

ツアー名といえば、前回のツアー名の副題は、「コンドルのパンツがくいコンドル」。

関西人のノリだ!と感心。

笑いも忘れていない。

意外と思ったのは、ピアノの引き語り3曲。

てっきり、ピアノは弾けないんだと思っていた、「さくらんぼ」のPVでギターを弾く姿が印象的だったから。

本編は、おとなしい感じが強かった、というよりノリのいい曲自体、あまり、リリースされていないからだろう。

これからの活動で、ノリのいい曲も増えていくであろう。

P03

さて、コンサートの本編は、おとなしめで終了した後の、アンコール。

ここで、やっと、馴染みのノリのいい曲が演奏される。

「フレンジャー」「サクランボ」もう一曲たしか「ハッピーデー」だったかな。

で、今回のライブの総評は、★★★☆☆

申し訳ないけど「三ツ星止まり」

「なんでやねん!!」と怒られそうだが、音のバランスが悪すぎた。

これが、相当な致命傷になっている。

ボーカルの音は割れてるし、ボーカルの音の位置も定まっていない。

不必要に、アコースティックギターの音量が高い。

ギターが不必要に前に出すぎている。

キーボードの音が割れている。

全体的な音も割れている。

多分、まだまだ一人前になっていないエンジニアが、ミキサーを努めたのであろう。

音響システム自体に問題があるのかもしれない。

それと、大会場には付き物の、大画面がサイドに二つしかなかった

これでは、スタンド席にいる観客たちは楽しめないであろう。

コスト的な問題もあったのだろうが、場所にあわせたサウンド・ビジュアルシステムを使用したほうがいいであろう。

改善されるのを期待して、次回の、ライブを楽しみに待ちたい。

April 22, 2006

横浜スタジアムで開会式

Img_0553_2
今日は、朝早くから活動開始。
8時に「横浜スタジアム」に集合して、横浜市少年野球学童の部杯と、神奈川新聞杯と、もう一つの大会の合同開会式が行われた。
その写真。
全部で横浜市内の参加チーム297チーム、約4300人が集合しての開会式であった。
面白かったのは、「〜イーグルス」と「〜サンダース」という名前のチームが多かったこと。
うちのガキンチョが所属するチームの「〜ヤンキース」というチーム名は、2〜3チーム程度しかなかった。


Img_0550_1
297チームも少年野球チームがあるものだから、入場行進も大変!
区毎に入場するから、港北区は9番目くらいの入場だったから、遅い遅い。
でも、甲子園じゃないけど、入場行進する子供達にとってみれば、凄く心に残る思い出になったのではないだろうかと思った。
おいら自身が、子供でこのような開会式にでたのなら、絶対心に残って、自分の貴重な財産になると思う。
今回、「ハマヤンキース」から開会式に出場したのは小学校6年生のみで7人。
Img_0545_1
終わったのは、10時半ぐらい。
その後、片倉町のデニーズに集合して、コーチ陣と名誉監督と6年生とのお食事会。
デニーズでの子供たちの振る舞いは、やはり子供であった。
ある意味安心はした。
そのあと、12時に、「うさぎ公園」という場所に移動。
若獅子大会で「戸部タイガーズ」と対戦。
8対8で引き分けゲーム。
うちのガキンチョは、運動音痴なので、ベンチで応援!
試合後は、岸根公園北公園で練習を5時30分迄、今日は一日しんどかった。
でこのあと、7時から「大塚愛」のライブチケットを買ってしまっていたので、速攻で横浜アリーナに一人で自転車に乗り直行!
なんとか間に合い、セーフであった。

April 19, 2006

同性愛を描いた「ブロークバック・マウンテン」

2561
今日は、仕事をさっさと切り上げ、久しぶりに映画を観に行った。
劇場は、109シネマズMM横浜。
ここは、以前も書いたと思うが、前の座席との距離がありゆったりとしていて、スクリーン数もたくさんあるので、お気に入りの劇場の一つ。
勤務場所から、歩いて10分少々で行ける事も魅力の一つ。
それでもって、今日はレディーズデイだったから、劇場内も殆ど女性。
この映画、チケット売場で一番早く始まる映画をと、売場の女性に頼んだら、この「ブロークバック・マウンテン」をどうぞと、勧められたもの。
だから、どんな映画か、全く事前に調査せずに見た作品である。
スクリーンの入り口に、男性二人の写真があって、そこに「愛」という言葉が書いてあったので、「あれ?」と思いながら、映画を観ていた。
案の定、「あれ?」は当たって、「男性の同性愛」を描いた物だった。
それにしても、凄い女性の数であったという事は、「女性は男性の同性愛に興味を持っているという事なのだろうか?」と疑問に感じた。
それにしても、男女の搦みのシーンは全く抵抗感が無いが、男性同士の搦みはちょっとみてて気持ち悪かったな〜。
観るに耐えなかったのが率直な意見。
男女の搦みのシーンは、素直に観れた。
でも、この映画で凄いなと感動したのは空の色がとても綺麗な青色であったことだろう。
今回考えさせられたのは、良い歳した男二人だけで、山に入って人里離れて生活をしたら、このように自分も同性愛に目覚めてしまうのだろうかということである。
おいらの性分からはとても考えられないと思っているのだが。
そうはならない、という結論としたい。
この映画の評価は、★★★★☆。
やはり、男同士の同性愛には抵抗感があるから、4つ星です。
公式サイト:http://www.wisepolicy.com/brokebackmountain/top.html

Shop.TOL

ストレス解消法

50sles

このところ、ストレスが溜まり気味になってきた。
どうも人に命令されるのが、とても嫌いな性分なので、この一ヶ月間我慢をしてきたのはいいのだが、そろそろ「つねさん大爆発の予感」が........⁑⁑⁑⁑⁑⁑。
今日は、危うくブチギレそうになりそうだった☁が、その場から敢えて去って、気持ちを落ち着かせた。
「本当の俺を知ったら、こいつら恐ろしくて何も命令できなくなるぞ」と、思いながら、ニコニコ顔をつくって一日を過ごした☂。
でも、これがサラリーマンの世渡りなのかな〜☁。
おいらは、プライドが高いか、「職位が高い割に尊敬できない人」に対して、ついつい発奮してしまう癖がある。
このおかげで、上司受けが悪くなってしまってきたのだが........☁。
まー、それはさておき、今日のおいらのストレス解消法は、昔ながらの解消法で「楽器屋でぶらぶら」である♫。
女性で言うところの、ウィンドショッピングに相当する。
名古屋にいたときは、同じビルに「石橋楽器」があったので、毎日そこによってストレス発散していた。
今は、横浜でちょっと歩いたところのダイエーの上に「石橋楽器」があるので、今日はそこで久々に、目の保養をした。
Ps320

やっぱり、楽器(特においらはギター)は、どんなに観てても全然飽きないな〜♪。
一本一本、色も形も少しずつ違う♫。
木の息づかいも聞こえたり、その楽器の奏でる音も想像できたりする♬。
おいらにとっては、楽器に囲まれている状態はある意味「ハーレム」で、美女に囲まれているのと同じ位のエクスタシーがある♪。
だから、楽器屋さんに行くと、その日あった嫌な事もすべて忘れる事ができて、すっきりした気分になるんだ♪。
「こんどは、このギターをゲットするぞ!」なんてね♪。
ちなみに、今狙ってるのは、フェンダーUSAのラッカー仕上げのストラトキャスター☀☀☀。
できれば、ボディーは、クリームホワイトで、ネックはローズウッドがいいな〜☀☀☀。


Amst_s1_05s

April 16, 2006

野球の練習の後は「焼肉!!!」

今日は、午後から少年野球「ハマヤンキース」の練習にガキンチョを送り出した。
練習場所は、近所の篠原西小学校。
昨日ぐらいから、少し様子が変わってきて、練習に行くのが楽しみになってきたみたいだ。
多分、先週予選トーナメントでチームが優勝したことがきっかけで、楽しく感じ始めたのだろう。
Img_0543_1
上のガキンチョは、運動神経がとても鈍い。
しかも筋力もないときている。
しかし体格と食欲だけは、他のちびっ子より勝っている。
そんな訳で、まじめに練習したご褒美に、今日の夜は「焼肉」を食べに連れて行きました。
場所は、新横浜の「牛角」。
ここの牛角は初めて入った。
以前にも紹介したが、「牛角」は、店毎に、運営母体が違うので、味が違う。
Img_0542_1
新横浜の「牛角」の味はどうかと言うと、「中落ちカルビ」の味が美味しくなかった。
それと、ネギラーメンのスープにコクがなかった。
それ以外は、まずまずの美味しさであった。
ガキンチョも久しぶりの焼き肉とあって、大喜び!
ご飯は、大盛りを通り越して、特盛!
Img_0544_2
よっぽど、練習でしごかれたみたいだ。
でも、昨日の飲み会でも語ったのだが、今のガキンチョ達は、しごかれる事や挨拶ひとつとっても、知らない子供が多くなってきている。
生意気な口を叩く事だけは、覚えても。
そういう意味で、この「ハマヤンキース」に入れて、鍛えてもらっている事は、良い事だと思っている。
親以外の大人に叱られた事のない、子供にとっては、少年野球はもってこいの場だ。
「心・技・体」どれも、鍛える事の出来る、良いスポーツである。
来週は、おいらも参加するかな〜。

焼酎お湯割りお替わり

昨日(4月15日)の夜、岸根公園から東白楽までバスに乗り、飲み会に出かけた。
今回の飲み会は、少年野球チーム「ハマヤンキース」のスタッフと親との決勝戦に向けての決起大会だそうだ。
オイラは、一人で初参加。
今回は、初めての面々と酒を飲むので、飲み過ぎてはならないと、自分に言い聞かせ、集合場所「古都」という、釜飯屋の中に入る。
初めのうち、静かにしてビールをちびちびと飲みつつ、周りの会話に耳を傾けていた。
ビールもなくなりかけてきた頃、「焼酎お湯割りいかがですか?」と、言われたので、「お願いします」とオーダーする。
どうも、空きっ腹に飲んだせいか、気分はいつもの陽気にテンションがあがりつつあった♨
そして、「焼酎お湯割りお替わり!!」と、大声で叫んで、エンジンがかかった。
あまり飲んではいけないと、自分に言い聞かせた事も忘れ、「焼酎お湯割りお替わり!!」と何度叫んだ事だろう。
声のトーンもあがって、喋りまくり。
スタッフの面々と「おかまバー」の話で舌好調!
会も終わる頃は、結構ヘベレケ。
バスを待つのも面倒になり、東神奈川から歩いて岸根公園に向かって帰った。
途中、担々麺の専門店で、ラーメンを食べた。
このラーメンや、カウンターに妙な物を置いていた。
「マムシの焼酎樽付け」だ。
透明ののなかに、マムシが口を開けて一匹丸ごとはいっていて、焼酎でつけてある。
「うわっ!」と一気に食欲が失せる。
でも頼んでしまったラーメンは食べなくてはと思い、気持ち悪いながらも、完食♨。
その後の、記憶は残っていない........☁。
春満開♪

April 13, 2006

特別機動隊

勤務地が変わってから、おいらの役割が、見えてきたような気がした一日であった。
それは、「特別機動隊」!
あっちで困っている事があったら、そこへ行ってくれ。
向うで人手が足りないときは、向うへ行ってくれ。
一カ所に落ち着いて仕事をするのでなく、「機動力」をもって、「特別」な任務を遂行する。
まるで、「仮面ライダー響(ひびき)」と、かぶっているではないか。
何でも出来ないと、つとまらない役目を遂行する部隊。
それが、「特別機動隊バンクライダー」!
さしあたってオイラは、「ライダー一号」というところだろうか!?
よくわからない振りだが、今日は前の勤務地の後任者が、肺炎で緊急入院してしまったので、おいらが急遽手伝いに行って、無事に終わったという事を言いたかったのであ〜る。
でも、肺炎になるまで仕事しなくても........と思ってしまった。
他の人に感染したら大変な事になるぞ〜。
もう感染した人がいるみたいだ........。
心身ともに健康体に保っていないと駄目。
調子が悪いと思ったら、休養をとる。
やっぱり、サプリメントを巧く摂って、健康体を保つ方法が一番!!
(お勧めは、Pharmanex。オイラも、毎日摂取してるぜ)


ee234x60

April 12, 2006

今日の診察結果

今日は、月に一度の診療日だったので、会社を休んで名古屋に戻った。
3月は、会社の決算月でもあったので、月末月初は、久しぶりに繁忙状態であった。
それが影響して、実は、何時発作が出てもおかしくない状態であったと、自分の中では分析をしている。
というのも、頭の筋肉が、硬直してきているのがわかるからだ。
過度のストレスがかかってくると、どうも頭皮の下の筋肉がこわばってくるらしい。
でも、原因というか発作が出そうだというのがわかるだけ、進歩したのだと思う。
おいらが患っている、精神的な病気は、絶対治る病気ではあるのだが、時間がかかるので、上手くつきあって行く事が大切だかららしい。
今月から、主治医の先生が変わった。
大学病院のなかでも、係替えという制度があるらしい。
幸いにも、前の先生の配慮で、今度の主治医は、より精神内科に詳しい先生にしてもらったみたいだ。
今日の、カウンセリングでは、薬を減らすタイミングを、今度から探って行く事になった。
良くなっている傾向であろう。
いずれにせよ、この病気とはこれからも長い付き合いになるだろう。
今の職場の同僚にも、いずれ話しておかないとだめだろうな。
前の職場では、皆に話をして理解してもらってたから、この職場でも理解してもらえる事を信じて。

ちなみに、今日は、名古屋大学付属病院に行った後、横浜に戻って、歯医者に足を運んだ。
恐れていた、「親不知」抜きはなかった。
歯科医曰く「親不知は、生えてないですよ。」という事であった。
ほっとした。

WEBゲーム「ピーターパン ネバーランドアドベンチャー」

April 11, 2006

今度は、「BON JOVI」観に行ってきたぜ!

Bonjovi_w440
今週は、「BON JOVI」のライブを観に、東京ドーム迄行ってきました。
今度も、ピアスをはめたガメラくんとライブ会場で待ち合わせ。
おいらの方が、水道橋の駅の「富士そば」で、天玉そばとイナリ2個食べたけど、早く会場についていた。
会場に入ると、先ずは、オフィシャルショップを徘徊。
目に飛び込んできたのが、Tシャツ!!!
おいら、実は「Tシャツコレクター」で、面白いものとか、珍しいものを衝動買いしてしまう癖があるのだ。
その、癖が出て、「BON JOVI」のTシャツを4000円で一枚購入。(アメリカンLサイズ)
満足顔で、ドーム内に入って、席に着いたら、ビールの売り子が、野球のときのように、販売にきているではないか!
「面白い!」と思って、「エビスビール」を一杯頼んだら、「800円!!!」
内心、「たけ〜!!!」と思いながらも、ニコニコ顔で、一気に飲み干す。
しばらくすると、ガメラが登場。
5時の開演の10分前ぐらいかな。
7852119200571752_thumb
さて、それから待つ事、約20分。
SEとともに、ジョンが、一塁側ベンチから、走って登場。
アリーナ内は騒然。
アリーナ後方に設置してあった、スタンドに上り、アコースティックギターを手にして、演奏が始まった。
「きたよきたよ!」と興奮モードに入ってきた。
知らない曲が多いのかと、思っていたが、結構昔から活躍していた事、昔の方がヒット曲が多かったせいか、おいらが学生時代に、ヒットした曲が多かったので、とっても満足しながら、「ヘッドバンキング」。
ギターの「リッチーサンボラ」が、3月末に、左腕を骨折したらしく、選曲やは、左腕に負担がかからないようなカントリーっぽい曲が中心。
プレイの方はと言うと、かばっているのか、ほとんど簡単なアドリブで、同行するサポートのギタリストがソロを惹く場面もあるなど、手抜きが目立った。

64811110200575156_thumb_1
ギターも下げるストラッップも、左肩でなく右肩にかけていた。
ギターも、重さが軽いものをチョイスしていたみたいだ。
だから、音はチープだった。
でも、まだおいらが「神」と崇められていた頃でも、「リッチーサンボラ」は、ギタリストとしては、おいらの足下にも及ばない程度の腕であった。
だから、あまりギタープレイについては、期待していなかった。
ストーンズよりましかなって言う程度である。

さて、コンサートも終盤にかかると、『リビング・オン・ア・プレイヤー』が始まる。
さすがに、この曲が始まるとわかったときには、背筋がぞくぞくっとしたぜ!!
「これだよ、これ!ボンジョビは!」と思った。
それから、「ランナウェー」「デッド・オア・アライブ」といった曲をアンコールで演奏して、終演。
ちなみに、アンコールは2回行われた。
約2時間30分のライブであった。
今回の評価は、★★★★☆。
マイナスポイントは、リッチーが、左腕を骨折した影響が出ていた事と、ジョンの舞台化粧が濃かったこと。
それが無ければ、五つ星かな。

次回は、「大塚愛」を味わってきます。

oishimanabu_nebula_234x60

April 10, 2006

少年野球その2

Img_0530_3
昨日の日曜日(4月9日)は、ガキンチョの初めての野球試合出場の日。
朝9時に、近所の幼稚園に集合して、軽くアップ。
それから、子供達は、移動車に乗って、港南区の上永谷にある「子供甲子園」というグランドに移動。
おいらは、お昼のおにぎりだけ、ガキンチョに渡し、後から、一人で「子供甲子園」に試合を見に行った。
横浜の環状2号線を、新横浜からドライブ気分で移動。
自分のお昼は、パン屋でもらった「食パンの耳」。
さて、「子供甲子園」に到着。
ちょっとした、野球用の公園になっていた。
桜が、一面咲いており、その中で、子供達は、試合をしていた。
天気も良くて、野球観戦日和であった。
おいらのガキンチョが所属するのは、「ハマ・ヤンキース」。
この試合、見事勝利して、予選トーナメント優勝。
少年野球とはいえ、野球は見ていて楽しいとつくづく感じた。
うちのガキンチョは、この試合、補欠で、試合には出なかったというよりも、背番号が間に合わなかったので、出れなかった。
でも、所属しているチームが、予選トーナメントとはいえ、優勝できたのは、大したものだ。
勝因は、守り勝ち。
少年野球は、バッティングは所詮知れたもので皆非力である。
やはり、いかにミスをしないで、守り抜けるかが、少年野球ではポイントになるからだ。
次回は、決勝トーナメント、神奈川代表を目指して、勝ち進んでもらいたいものだ。

April 08, 2006

少年野球

Img_0529_1
この写真、見てわかる通り、「不機嫌なガキンチョ一号」
少年野球チームに入れさせられたのが、気に入らなくて、練習前にふて腐れているところを撮ったものだ。
なぜ、少年野球チームに入りたくないのか?
それは、「体を動かしたくない」「友達がいない」のが、理由だそうだ。
でも、子供は単純、数時間後に練習が終わる頃に見に行ったら、楽しそうに練習している。
夜には「バッティングセンター」に行き、120球を打ち込んで、満足していたのだ。
どうもコーチに「セカンドが上手い」と言われて、上機嫌になったらしい。
あしたは、上永谷のこども甲子園で、少年チームの試合があるので、楽しみにしているようだ。
おいらは、BON JOVIのコンサートを楽しみにしているのだ!!

新入社員を迎えて思った事

昨日(4月7日)、新入社員の歓迎会と、同じ課の同僚(先輩にあたる)の送別会を同時に行った。
新入社員について。
毎年、新入社員の歓迎会で思うのは、東京にいるときも名古屋にいても大阪でむかえても同じで、「こいつら緊張してて、大人しいな。こいつら本当に、この会社に入りたかったのかな?」という、素朴な疑問である。
夢・希望と現実は違う事がわかってくると、やめたくなるのが人の定。
おいらもそうだった。
一年もたつと、耐える事を覚える。
果たして、自分の人生はこのままで良いのか?と思う。
本当にやりたい事は、別にあったのではなかったのか?と自問する。
自問して出てくる答えは、いつも一緒。
「ミュージシャンになりたかったけど、もう遅いのでは。だから、夢はあきらめよう」と。
「サラリーマンが、一番無難なんだ。」と
こんな答えを出して、納得してしまう自分が、嫌でたまらない。
新入社員を迎える時期になったり、仕事で嫌な事があったりすると、ついついそう思ったりしてしまう。
そんな時期は、結構ふてくされた顔をしている。
端から見て、気持ちよくないから、上司受けもしない。

やっぱりおいらは、サラリーマンに向いていない!!

April 02, 2006

氣志團4時間ライブat横浜アリーナ

4月1日、横浜アリーナに「氣志團」のライブに行ってきました。
音楽的にどうのこうの言うライブではなく、「氣志團劇場」を観に行ってきたという感想です。
6時開演から10時のエンディング迄4時間の、エンターテイメント。
はっきり言って、前回のローリングストーンズより数段面白かった。
評価は、★★★★★、のフルマーク。

先ずは、前説からスタート。
ビデオが流れ、続いて、曲の演奏で約一時間。
その後、またビデオになり、ミュージカル的な、劇で約2時間。
最後に、曲の演奏、ビデオ放映のあとに、アンコール演奏。
またビデオが流れて、アンコールで終わり。

面白かったのは、ビデオの内容とミュージカル劇にお笑いの要素がたくさん詰まっていた点。
単なる音楽のコンサートでなく、エンターテイメントライブという言い方がハマる。

こんな感じのライブならば、また機会があれば観に行きたいと、強く感じた。

Shop.TOL

« March 2006 | Main | May 2006 »

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

MUSIC CD/DVD & DOWNLOAD St.

Recent Trackbacks

横浜特集

  • 横浜で人気のショッピングモール
    インターネットで購入できるおすすめ商品や情報を、広く紹介するサイト。 横浜のみなとみらいのランドマークPLAZAやQueens Squaer、World Porter等を意識したブログタイプのショッピングモールです。

事務用品・オフィス用品  St.

Podfeed