My Photo

座・宴会の仲間達

  • 和田さん
    おいらが参加した宴会のショットをのせてみました。 楽しい、宴会の席をイメージしてください。

学習院大学 世界民謡研究会

  • 福田先輩との一コマ
    おいらが、大学時代所属していた、音楽サークル。

ハマヤンキース  

  • 慶応大学野球教室にて
    横浜市港北区で人気のある、少年野球チーム。 古豪チームの多い地区で、常に上位に名を連ねる。 地元ベイスターズと同じ、青の縦縞ユニフォームとヤンキースのロゴを取り入れている。 監督、コーチ陣もしっかりしており、将来を見据えた、野球教育をしている。 10周年を2006年に迎えたばかり。

Sports用品   St.

皮革製品 St.

サプリメント(健康食品) St.

PHOTO SHOP St.

無料ブログはココログ

検索エンジン


ツィート

« February 2006 | Main | April 2006 »

March 2006

March 30, 2006

久しぶりの映画「ナルニア国物語〜第1章:ライオンと魔女」

2081_4
勤務地が、横浜駅前になってから、仕事を終える時間が遅くなったせいもあり、なかなか映画を観に行けなくなっていた。
でも、先日やっと、「ナルニア国王物語」を観る事が出来た。
場所は、横浜駅から歩いて10分程度のところにある、109シネマズMM横浜。
先ず、この映画を見終わって、感じたのが、「ハリーポッター」「ロードオブザリング」を意識した、映画に仕上がっている。
そして、案の定、第2作も続けて製作される。
デイズニーが、映画で成功させようとしているのが、はっきりと主張された映画であった。
ストーリーは、子供にも理解できるような、単純でわかりやかった。
しかし、やはり、先行する「ハリーポッター」「ロードオブザリング」には作品として、まだ、この第一章は届かない。
残念だが、評価は★★★★☆。
マイナスなのは、「ハリーポッター」「ロードオブザリング」を意識して作ってあった点。
ディズニーとして、他の作品を意識せず、似せて製作してなければ、もっと評価は出来ただろう。
4月に入っても、しばらくは、落ち着かない日々が続くので、なかなか映画を観に行けないだろうが、なんとか時間を作って、話題の作品だけでも、観に行きたいものだ。

商品一覧(OGO/オゴ)

March 26, 2006

観に行ってきたよ「ローリングストーンズ」東京ドームライブ

photo_90_01-1
週末の金曜日3月24日、観に行ってきました、ローリングストーンズの東京ドームライブ。
期末の、実質25日というのに、勤務先には「野暮用でお先に失礼」と、6時20分頃に退社。
急いで、横浜から東海道線に乗って、東京ドームを目指す。
水道橋から、一目散に走る。
東京ドームについたのは7時15分過ぎ、中から演奏の音が聞こえるではないか!!
「マズい!」と思い、走って中に駆け込む。
中には、現地集合で待ち合わせていた、ピアスをつけたガメラ君が待っていた。
演奏している面々を見ると、舞台の一部で3人が演奏している。
「これって、前座?」
どうも、そうらしい。
30分程の演奏で終了。
よかった。
セッティングの変更で、45分程待たされ、8時15分頃「ローリングストーンズ」がライブ開始。
「スターティング・ミー・アップ」がオープニング。
ミックジャガーが、金色のジャケットを着て登場。
もう還暦近いというのに、体の切れが凄い。

photo1
しかも、線が細い。バンドの面々すべて線が細い。
ミックジャガーの体の切れの良さと、すばしっこい動きには驚かされた!
「まだまだ現役じゃ!」と。
舞台装置も凄かった。
ステージの一部が移動して、反対方向(おいら達の席には接近)にむかい、メンバーが台車に乗って、外野からホームベース側にメインステージが一時的に変更になる。
このときが一番盛り上がったかな。
というのも、舞台が広すぎて、全く有効利用されていなかった。
ミックジャガー以外は、ほとんど動かず。
だから、台車の上ぐらいの広さが丁度ライブって感じになり、お客も、演奏しているメンバー達も一番良い形と思ったのではないだろうか。
3曲程度演奏した後、また台車が外野の舞台にもどって、コンサートは続いた。
しばらく、新しいCDの曲をやって、「ブラウンシュガー」「ジャンピング・ジャック・フラッシュ」でまずは、「さよなら〜」。
このとき、2階席だったので、冷静にアリーナを見ると、アリーナ中央20メートル以上が、外野からバックホームまで、観客席のないライブとは言えない、客席作りになっていた。
history_90_02
アンコールも2曲程度で、最後は、十八番の「サティスファクション」で終了。
なかなかライトがつかないから、もう一度アンコールがあるのかな、と思っていたが、なかった。

今回の、「ローリングストーンズ」のライブは、総評すると、「★★★☆☆」。
贔屓めに見て、3つ星。
エンターテイメントと言う面では、ステージ後方の、CGや照明が、とても技術の高いもので、ライブの音を聞くよりも、その映像を見る方に、気がいってしまうほど良いものであった。
しかし、音楽と言う面では、ちょっと酷いのでは?と感じさせられた。
まず、チャーリー以外の演奏が拙過ぎる。
それに、ロックンロールが売りの筈なのに、シンプルでない。
さらに、PAが下手クソ。音のバランスが全く整っていない。
雑然とした、音響であった。
「東京ドーム」という場所が良くないという事もあると思うが、それにしてもひど過ぎた。
払ったチケット代が、久々に惜しく感じさせられた、ライブであった。

かえりに、ピアスをつけたガメラ君にそのことを言うと、彼も同感だという思いを抱いていた。
きっと、多くのひとが今回はちょっとと思ったのであろう。残念であった。

March 22, 2006

世界一の余韻に浸る

top

いや〜昨日は、良かった!感動した!涙が思わず出てきた!
おいら、今は、バスケットボールなんてやってるけど、元は、野球小僧だったんだな〜。
野球部に入って、プロ野球選手を目指した日もあったぐらいの、野球大好き小僧だったんだな。
そんなガキンチョが、大きくなって、ワールドベースボールクラシックで、日本が初代世界一になった瞬間をこの目で見れた事に、感動しないわけにいかんだろう。
だから、昨日は、夜まで、ガキンチョを相手に祝杯をあげたのだ。
まではいいのだが、応援に力が入りすぎたのか、お酒を飲み過ぎたのか、今朝起きて、鏡を見てみると、左の白目から出血していたのだ。
これはびっくり!!!
会社の帰りに、目医者に行ったら、「内出血ですけど、もう出血してませんから、このまま放っておくしかありません。多分知らないうちに、目をかいたのでしょう。」という診断。
「よかった〜、ふー」と一安心したのでした。
でも、まだ昨日の余韻は続いているのだ。
当分、この興奮は収まらないだろうな。
まじめな話、これで野球人口が、元に戻ってくれると、元野球小僧としてはうれしいな。

バナー 10000067

March 19, 2006

岸根公園一周の驚き

top

今日の、ワールドベースボールクラシックで、日本が快勝したのをテレビで見てから、横浜に引っ越してきて初めて近くにある、大きな岸根公園に、出かけた。
ガキンチョもいっしょに、自転車で。
まずまず大きな公園、代々木公園より少し小さいくらいの規模だろうか。
少し自転車で進むと、だだっ広い広場があり、そこでガキンチョとワールドベースボールクラシックの余韻を楽しみながら、キャッチボール。
そのときから気になっていたのだが、ブリーダーの集まりがあったのか、いろんな種類の犬があちこちにいる。
犬の種類には詳しくないのだが、普段見た事のないような犬から、101匹わんちゃんに出てくるような犬まで、高級そうな犬が多かった。
柴犬みたいなのは、一匹もいなかった。
この、岸根公園近辺に住んで、犬を飼うような住人は、きっとお金もちの人が多いのだろうと、容易に推測できた。
確かに、この岸根公園辺りは、丘陵地帯を開発したところで、通常土地が高い場所にあるところは、高価な物件になることからも、そういった人種が多いのであろう。
おいらのように、社宅にすんでいるもの達からは、縁遠い趣味である。
しかし、これは人口が密集している地区の事情。
おいらの実家に行けば、犬や猫なんて、あちこちにいて、追い払うのが大変な程だ。
でも、人口密集地の人々は、これから食糧難の時代を迎えても、ペットとして、犬猫をきちんと飼育できるのであろうか?捨てたりしないだろうか?
人と同様に、扱ってほしいものである。

March 18, 2006

YOKOHAMA BAY シェラトンホテルでお食事会

このところ、勤務地が変更になったせいか、外食をする機会が増えてきている。
昨日の金曜日は、横浜駅西口にある、シェラトンホテルの4Fで、お食事会。
一人一万円で、フレンチのコース料理+飲み放題。
一流ホテルの割に、意外と安くあがったらしい。

というもの、幹事がすべて手配してくれたから、おいらは予約等の手配は、全く関知せず。
ホテルの中に入ってみると、流石、一流ホテルとあって、趣が他のシティーホテルと違う、と感心させられた。

さて、食事のお味はどうだったかと言うと、文句なしのお味だった。

一つ残念なのは、勤務先の女性の2/3は、欠席したから、野郎主体のお食事会になってしまった。
これなら、居酒屋でも良かったかも。。。。。。。。。

でも、おいらは、おかげで新しい勤務地の人たちと会話が出来て、懇親の目的が達成できてよかったとおもっているのだ。

帰りの電車は、案の定、降りる駅を3駅乗り過ごして、引き返して帰ったのでした。
めでたしめでたし。

ついでに、今週の火曜日は、新幹線を寝過ごして、新横浜で下車できず、東京駅まで行って、在来線で止むなく帰ったという事がありました。
「ヤッテモータ!!!」
このところ、乗り過ごしの多くなった、つねさんでした。

ハーフバナー02

March 11, 2006

「つねかわ引越センター」オープンか!?

今週は、水曜日以降が大変でした!!!
何が大変だったかというと、ホワイトワーカーからブルーワーカーになってしまった。
といっても、オフィスの引越準備で、肉体労働を引き受けてたからなんだけど。
新しい勤務地が、今週末、大改装になるので、廃棄物やら、書類やらを段ボールに詰め込んで、階段をエッチラコッチラと、動き回っていた。
おかげで、ももの裏から肩にかけて、筋肉がパンパンに張ってしまった。
おいら一人だけ、ネクタイを外して、汗びっしょりになって、オフィスを、走り回っていたから、知らない人は、「この人引越屋さん?」と思われただろうな、きっと。
でも、引越のコツというか、引越で痒いところに手を届かせるコツを掴んだよ。
もしかして、引越屋さんが開業できるかも!!
また、明日も肉体労働だ!!
秘密兵器の、ファーマネクスのオーバードライブ飲んで元気に頑張ろう!!!

(オーバードライブとはこちら    http://tsunesan.jp.epharmanex.com/cgi-bin/rwp/scripts/phx/home.jsp?target=rwp3_phx_product_phx_productitem.JSP&oid=9251&group=0)

宅配ピザのドミノ・ピザ

March 10, 2006

インターコンチネンタルホテルでお食事

昨日、アップしようとしたのだが、ココログのアクセスが悪くて、今日になってしまいました。
実は、水曜日に、横浜のインターコンチネンタルホテルの31階で、中華料理を食べたのです。
総勢10人での歓送迎会、某お医者さん夫婦の主催で開いていただいた会だ。
ちょうど、横浜港が真上から見渡せるロケーションの席で一番窓側に座った。
夜景が綺麗だろうとおもって、窓の外を見ようとすると、ガラスが汚い!!!
夜景と言っても、遊覧船がこうこうと電気をつけて、横浜港内を遊覧しているだけ。
意外と、たいしたこのない席であった。

さて、食事の方はと言うと、横浜だからと、中華料理。
とてもお上品なお味でした。
はっきり言って、中華料理は、ホテルで食べるより、中華街みたいなところで食べた方が庶民の我々には、口があう気がした。

さてお値段はどうかというと、御馳走になったのでわかりません。
表の、メニューを見る限り、一人2万円近かったのではないだろうか。

某先生に、御馳走になる度に思うが、我々庶民の舌は、高級に出来てないので、分相応のところで御馳走していただいた方が、いいのかも。

ちなみに、なぜ今回私が選抜されてよかったのか、未だに疑問である。

【直送便】Oisix直送便トップ234-60_01

March 07, 2006

牛角は店によって味がバラバラ

昨日ですね、おいらの係替え祝いと、後任者の歓迎をかねて、菊名の牛角に5人で飲みにいった。
関東の人にとって、焼き肉屋に飲みに行くと言う表現は、おかしいのではと思うのでしょうが、関西の人々にとっては当たり前の言い回しなんです。
関西では、焼き肉屋が飲み屋替わりになっているんです。
まー、それは置いておいて。
最近、「牛角」と書いてある店舗を良く見かける。
各駅に一つはあるのではないかという程の勢いだ。
レインズインターナショナルという会社が、フランチャイザーで、各地の法人に、フランチャイジーにさせて、ロイヤリティーを得ている方法で行っている。
つまり、直営では営業していないという事だ。
当然、直営ではないから、各店舗の肉質が異なっている。
同じ市内にある店舗でも、肉質が違うのだ。

昨日、食べた、菊名の「牛角」はどちらかと言うと、肉質は良好である。
食べても、損をしたとは感じない店舗。

それに比べて、藤が丘の店舗で出てくるお肉は、今ひとつの質だった記憶がある。

茨木にいたときも、JR側の店舗と、阪急側の店舗では、全く違った記憶がある。

だから、「牛角」と言っても、美味しい店舗に足を運ばなければ、損した気分になってしまうので、気をつけましょう。
宣伝する訳ではないですが、菊名の牛角は、自信を持ってお勧めできる店舗です。

オーダーメイドハムお試しセット

March 05, 2006

人生の考え方が変わるかも「県庁の星」

kencho
先週の、水曜日、映画の日(毎月一日)を利用する手はないと思い、ワーナーマイカルみなとみらいに足を運ぶ。
公開したばかりの作品で、時間的にちょうどいい「県庁の星」を観る事にした。

これは、サラリーマンの皆さんには、絶対観て欲しい映画です。
何の為に、働いているのか?
出世街道から、脱落したとわかったとき何を感じるか?
民間企業と公務員との癒着問題は、まだあるのか?
勤務先と戦って、上席達に、意識改革をさせる事ができるのか?
現実を観ないで、机上の空論だけで、企画が出来るのか?
仕事は一人だけじゃなく、チームワークで行う事と感じれるのか?

織田裕二、柴崎コウ、の二人が主演を演じており、エリート公務員の意識改革が、一つの目玉になっている。
キャスティングも、脚本も、演出も、今年に入ってからの邦画では、いい出来の作品と感じた。
フジテレビも製作に加わっていることも、鑑賞しやすい出来に仕上がっている要因だろう。
織田裕二とフジテレビと言えば、シリーズ物になった「踊る大捜査線」。
この「県庁の星」も、キャスティングやストーリーの流れから察するに、シリーズ化する可能性が高い。
逆に、この作品なら、シリーズ化されても、次の作品が観たくなると感じた。

よって、今回の評価は、最高ランク、★★★★★。

レイシエクスメディ新登場

Continue reading "人生の考え方が変わるかも「県庁の星」" »

« February 2006 | Main | April 2006 »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

MUSIC CD/DVD & DOWNLOAD St.

Recent Trackbacks

横浜特集

  • 横浜で人気のショッピングモール
    インターネットで購入できるおすすめ商品や情報を、広く紹介するサイト。 横浜のみなとみらいのランドマークPLAZAやQueens Squaer、World Porter等を意識したブログタイプのショッピングモールです。

事務用品・オフィス用品  St.

Podfeed