My Photo

座・宴会の仲間達

  • 和田さん
    おいらが参加した宴会のショットをのせてみました。 楽しい、宴会の席をイメージしてください。

学習院大学 世界民謡研究会

  • 福田先輩との一コマ
    おいらが、大学時代所属していた、音楽サークル。

ハマヤンキース  

  • 慶応大学野球教室にて
    横浜市港北区で人気のある、少年野球チーム。 古豪チームの多い地区で、常に上位に名を連ねる。 地元ベイスターズと同じ、青の縦縞ユニフォームとヤンキースのロゴを取り入れている。 監督、コーチ陣もしっかりしており、将来を見据えた、野球教育をしている。 10周年を2006年に迎えたばかり。

Sports用品   St.

皮革製品 St.

サプリメント(健康食品) St.

PHOTO SHOP St.

無料ブログはココログ

検索エンジン


ツィート

« November 2005 | Main | January 2006 »

December 2005

December 31, 2005

遠くで汽笛を聞きながら

今日は、大晦日だから、NHKで紅白歌合戦をやっている。

そのなかで今、「アリス」が再結成で演奏していた。

アリスの演奏した、「遠くで汽笛を聞きながら」を感無量で聞いていたのは、おいらだけでしょうか。

若くて、やんちゃで、向こう見ずだった頃を、なぜだか思い出してしまいました。

logo-06

終わり悪ければ全て悪し

今年も、今日で終わりだ。

一年を回顧してみると、決して良い年だったとはいえない気がする。

親父の死、仮面うつ病への理解を得られなかったこと、右足の骨折。

そして、昨日、一昨日の出来事が影響しているのであろう。

上司には、強くあって欲しいものである。

違う結果に終わってしまうと、がっかりしてしまう。

残念だ。

来年は、自分にとって大きな転機を迎えるような気がする。

ネガティブでなくて、ポジティブに、周りの言うことに屈せず、自分の意見が正しいと思ったら、貫き続けて生きたい。

最後になって、サラリーマンをしてしまった自分が情けない。

250-250_dcm

December 25, 2005

さよなら「茨木」

_003 今日(12月25日)が、おいらにとって最後の大阪で過ごす日となった。

家族より一足先に、横浜へ向かう。

かれこれ8年近く、茨木市の住民として生活をしてきたから、この土地を離れなければいけない、二度と戻ることもないかもしれない、と思うと感慨深いものがある。

_001 永くお世話になった床屋に、子供たちと髪を切りに行った。

この床屋さん「SIN」という店でマスター一人で切盛りしているのだが、おいらのかかったパニック障害のことをよく知っていて、いろいろアドバイスを頂いて、随分助けられた。

そのお礼もあり、最後に挨拶をしなければと思い、足を運んだのだ。

_004 また、いつか、この大阪の、「茨木」という地に、戻る時があるかもしれない。

それまで、「さよなら茨木」だ。

TSUTAYA online

「ブラックジャック 二人の黒い医者」

今日は朝から、クロネコヤマトが来て、「らくらくパック」の事前箱詰め作業の日。

家にいても、邪魔だと思ったから、「仮面ライダー響」を観てから、今日も子供をつれて、「ワーナーマイカルシネマズ茨木」に足を運んだ。

wp1_1024768 朝9時台からやってる映画は、アニメものが多く、今回は「ブラックジャック 二人の黒い医者」を観る事にした。

さすがに、朝早いから、劇場にはおいら達を含めて、計8人のみ。

関西バスケット部の練習のような寂しさを感じた。

この映画、本編に入る前に、ピノコの短編映画も上映されたが、特に意味はない。

さて、本編の手塚ワールドに入ると、昔マンガ本で読んだ記憶が蘇ってくる。

法外な手術費用を要求する、医師免許のない天才外科医。

その名も「ブラックジャック」

おいらの中では、「ゴルゴ30」と同じようなイメージのキャラクターとして記憶の底にある。

しかし、いい人である。

さて、話は制作の部分に及ぶが、公式HP http://blackjack.jp/movie/index.html  には出ていないが、映画の最初と最後の製作者等が流れるが、中国の法人に下請けを多く出している点が、目に付いた。

いよいよ、日本のアニメも終焉を迎えつつあるか、という感想を持ってしまったのはおいらだけであろうか!?

というのも、中国は特殊な国で、文明的に日本より遅れているが、平気で知的財産を我が物顔のように扱ってしまう事が平気な民族の集まりだ。

つまり、日本のアニメも中国に食われてしまい、著作権がどうのこうの言ってられなくなる。

そうなると、勝手に中国が「ブラックジャック」をつくってしまい、世界へ配信されてしまうような事態も考えられる。

韓国は、知的財産保護については、先進国同様の考えをしているから、問題ないが、中国スタッフは信用できないですよ。

気をつけてください、日本の映画スタッフのみなさん。

さて、今回の映画の評価は、★★★★☆。

まずまずのできです。

「苦しくても生に固執するか、楽に死を迎えるのが幸せなのか」大人にとっては、考えさせられます。

logo-06

Continue reading "「ブラックジャック 二人の黒い医者」" »

「チキンリトル」(吹替え版)

chicken_little 12月24日、クリスマスイブに、「チキンリトル」を観に行ってきました。

大阪から横浜への引越し準備の為、茨木に戻っていたので、「ワーナーマイカルシネマズ 茨木」へ、子供と一緒に行ってきました。

前宣では、子供向けの、NHK作品のようなつまらない映画だろう、と思えた。

しかし、なんと、劇場で見てると、笑える笑える

大人が見ても、全然平気で、笑えて、可笑しい、愉快なコメディー映画だ!!

最近の映画で言うと、ゴリが、吹替えやった「キャプテンウルフ」以上に笑える。

これから年末年始と、笑いたかったら、この映画の吹替え版がお勧め!

字幕だと、笑えないと思います。

この作品の評価は、★★★★★。

是非、大人も子供も見てください。(絶対、吹替え版がお勧めですよ!!)

子供への、心温まるクリスマスプレゼントになりました!

参考:公式HP http://www.disney.co.jp/movies/chicken/

250-250_roth

Continue reading "「チキンリトル」(吹替え版)" »

December 24, 2005

「SAYURI」

sayuri
足の状態が良くなってきたので、久々に、レイトショーを観に行った。
横浜の「ワーナーマイカルシネマズ みなとみらい」で、「SAYURI」を鑑賞。
横浜市内の、タクシーに乗ると、「SAYURI」の広告シールが車内に張ってあるほど大々的な宣伝されており、大きな期待を持って、劇場に入る。

前宣伝から不思議に思っていたのだが、「京都の祇園」をイメージして作成された映画なのに、何故「日本人の俳優・女優」が少ないのか?「日本語のシーン」が少ないのか?「祇園よりも中国のようなセット」で撮影されているのか?不思議に思いながら観ていた。

ロブマーシャル監督は、「ハリウッドの日本文化をファンタジー化した」と言うが、全く日本文化を理解できてないのかも。
週刊新潮の渡辺淳一のコーナーでも、論評されていたが、「祇園の芸者」より寧ろ「香港の風俗街」的な描写が適当だと思った。


sayuri_wallpaper_1024

確かに、チャンツィーは綺麗だが、松嶋菜々子とか伊東美咲を主役に使った方がよっぽど面白いと思った。
「芸者」「祇園」「京都の街並」まだまだ、欧米諸国の人々には理解されていないというのが、結論だ。

この映画の評価は、★★★☆☆

フジカラーデジカメプリント

Continue reading "「SAYURI」" »

行っちゃいました「KENS' BAR」

今週火曜日(12月20日)、なんとかヤフーオークションで、平井堅の「KENS' BAR SPECIAL」のチケットをゲットして、東京ドームに観に行きました。
久々の邦楽ミュージシャンの、大型ライブ。
最近、「歌バカ」というCDを発売しており、とても良い内容だったので、期待大でした。
ドームに到着したのが、7時丁度。
「BAR」だから、入り口でドリンクチケットをもらって、生ビールに交換。
「巨人の星」のテーマソングをSEにしてライブがスタート。
2部構成で、間に休憩を挟んでのライブ。
一部は、どちらかというと、静かに「大人のバー」を意識した曲構成。
二部は、バンド構成で最近のヒット曲で構成されていた。
「平井堅」と言えば、J−WAVEで番組を持っている程、トークも巧く、関西人の気質で面白い話も披露してくれた。
印象に残ったのは、桑田啓介の「白い恋人達」のカバー。
平井堅の持ち歌と間違えるくらい、自分のものになっていた。
それと、ジャストトゥーオブアアスのカバーメドレー。
センスを感じたアレンジになっていた。
全般に、とても良いライブだったという感想だが、一つだけ何とかして欲しいことがあった。
それは、主催者の企画ミス。
アルコールを出すのなら、利用可能なトイレをもっと多くしなければいけない。
しかも、ドーム内の空調は温度が低めになっていた。
男性用トイレは、一カ所しかなく、男女どちらも休憩時間のトイレの列がすごい行列だった。
そのせいか、休憩時間はなんと45分!!
ロビーで並んでいる人々はみんな、トイレに並びながら殺気立っていた。

よって、今回のライブの評価は、主催者側の企画下手な部分を差し引いて★★★★☆。

IMG_0420
バナー 10000010

December 19, 2005

FIFA TOYOTACUP 決勝戦

_001 昨日、日産スタジアムに、「FIFA TOYOTACUP」の決勝戦と3位決定戦を観に足を運んだ。

約6時間この日産スタジアムにいたのだが、とにかく寒い一日であった。

試合を集中して観るというより、いかに暖まるかということを考えてた程の寒さだった。

_009 しかも、食べ物は品切れ状態で、温かい飲み物もほとんどない。

熱燗飲んでも、暖まらないですぐトイレに行きたくなる、最悪のコンディションであった。

でも、一生懸命試合を観ました。

これが、本当のサッカーなんだ、これがほんまもんのブラジルの応援団なんだ、と感心させられた。

_008 座っていた席が、丁度「サンパウロ」ブラジルからやってきた応援団のすぐ下だったから、嫌でも応援のサンバミュージックを体感できた。

サンパウロの応援団の中には、女性もずいぶん多く見受けられた。

日系のブラジル人の人が目に付いたけど、きれいな人が多かったな。

_011 写真は、「サンパウロ」の応援団の女の子!

さて、試合のほうはどうだったか!?

前評判は、圧倒的に「リバプール」有利の評価であった。

人気プレイヤーも多く、日本人的には、多分「リバプール」を応援している人が多かったのではないかと、スタジアムにいて感じた。

_010 しかし、試合が始まってみると、両チーム(南米とヨーロッパ)の違いがよくわかり、見ている人は「サンパウロ」有利と思い始めたのではないだろうか

「サンパウロ」は、一人一人の個人技が優れており、一対一では「リバプール」の選手は全く敵わなかった。

また、パスワークも大きな違いが見受けられた。

_014 「サンパウロ」は小さくトライアングルの陣形を維持しながら、パス回しをコンパクトにしていた。

反面、「リバプール」は、大きな縦パスあるいは横パスで、攻めようとしていた。

スピードがあって、個人技が上回っている「サンパウロ」であれば、大きなパスが蹴られていれば、インターセプトすることは容易である。

_013 その結果が、「サンパウロ」勝利となった。

また、監督の采配にも疑問を持った。

「リバプール」は前半、後半通して、セットプレーのチャンスをたくさん掴むことができた。

しかしながら、背の高いプレーヤーを途中で投入しようとしない

_016 これでは、身体能力の優れている「サンパウロ」のディフェンダーに空中戦でも負けてしまう

コーナーから蹴られたボールに誰も合わせる事ができないのだから。

今回の、「FIFA TOYOTACUP」決勝戦を見て確信したことがある。

来年6月に開催される「FIFA WORLDCUP GERMANY 2006」の勝者予想だ!

_017  きっと「ブラジル」「アルゼンチン」であろう。

ヨーロッパサッカーには限界がある。

イングランドイタリアフランスドイツといったヨーロッパ諸国は、ベスト8位には行くであろうが、その先は厳しいと感じたのが素直な感想だ!

Top 234-60

December 18, 2005

TOYOTACUP3位決定戦終了

3ー2で北中米代表のサプリサスが3位に決定 それにしてもとにかく寒い! サンパウロのサポーターが3位決定戦から試合に関係なくうるさかった!051218_1812001.jpg

TOYOTACUP3位決定戦中間報告

現在1ー1 とにかく寒い!スキー場に普段着でいるみたい!熱燗飲まないといられない サンパウロのサポーターが今から既にうるさい!051218_1721001.jpg

TOYOTACUP

今日は、これから足が悪いにもかかわらず、「日産スタジアム」へ行って、世界一のサッカークラブを決める「TOYOTACUP」を見に行ってくるぞ!!

防寒対策もしなきゃ。

一番の注目は、サンパウロとリバプールの決勝戦。これは7時20分のキックオフ。

サンパウロFCVSリバプールFC

その前に、4時20分に3位決定戦がある。

アルイテハドVSサプリサ

自分にとっても、初めてのサッカー観戦。

FIFA主催だから、それなりの価値のあるゲームだと信じて、見に行くぞ!!

中年オヤジ対策ガイド

December 17, 2005

練習後の忘年会

_019 この日、最後の練習が終わってから、忘年会の会場に移動。

場所は、茨木市内の贔屓屋

気を利かせてくれて、大阪にしかないメニュー「するめの天麩羅」を頼んでくれた。

これは、全国どこに行っても、大阪にしかまだないメニューである。

ここから、上の子供の栄徳も一緒に合流。

面白かったと、ずいぶん満足していた。

カラオケにも移動して、終わったのは11時30分頃だろうか。

あまり記憶にない。

子供に言わせると、みんなと別れた後、立小便をしたらしいが、まったく覚えていない。

また、泣きながら、子供にお説教をたれていたらしい。

これも覚えていない。

でも、子供は、この日の「お食事会とカラオケ」が一番楽しかったと翌日、おいらに言ってくれて、心なしか嬉しかった。

これも、おいらをささえてくれた友人達のおかげであり、感謝したい。

imac_250.gif

関西チームで最後のバスケット練習

先週の日曜日に、松葉杖状態になってしまったので、ブログのアップができませんでした。

でも、今日から調子がよくなってきたので、アップ開始。

先ずは、先週の土曜日(12月10日)の出来事。

つまり、関西チームの一員として、最後のバスケットボールの練習参加の記事です。

_020 この日は、午後3時30から、大阪は茨木市福井の体育館に集合。

久々(約2年ぶり)に、吉村君(本当のキャプテン)も練習に来てくれた。

全部で7人集まった。

関西チームとしては、上出来の集合である。

思えば、関西に引っ越してきてから、まだ千里丘の体育館が自由に使えていた頃から練習に足を運んだ。

その頃は、まだF銀行時代で、大会といえば、インターバンク程度のもの。

_017 その後、合併で、吉村君が参加し、若手の丸田やDJが参加し始めて、盛り上がりを見せ始めた。

茨木市や箕面市の公式大会にも参加するようになり、立派なクラブに育った。

これも、大西や中石やヨシカツらがずっと参加していてくれたおかげだ。

大阪に引っ越して、2年くらいたった頃だろうか、この時が一番苦しかった時代だ。

_015 大西が、浜松に引越し、粟津が東京に転勤、清水が東京に転勤。

おいら一人だけで体育館で練習というときもあった。

この時、ふと現れるのが、いつも中石で、よく一対一をやってもらったものだ。(感謝)

二人だけでジャンプシュート練習もやった。

この頃のおかげで、バスケットボール初心者のおいらは、そこそこの技術が身についたと思う。

その後、若手が参加、公式大会に出る。

おいらは、ベンチで監督役をやったな。

_010 オフィシャルだけが苦手だった、ちなみに審判も。

一度だけ、審判をやらざるを得ないような状況になったときは、肝を据えて、子供のおもちゃの笛をかりて体育館に行ったものだ。

関西チーム在任、8年、一つの役目を終えた。

後は残った、大西や吉村、中石に託すだけだ。

思い残すことは、もっとたくさん人を集められたらよかったというぐらいである。

でも、楽しくやってるからいいんだ!!

ダンクシュートもできたし!!

art4_468x60.jpg

December 15, 2005

困った状態

非常に、困った状態になってしまいました。

今週の日曜日に、子供二人と、社宅の敷地を「一番早く、ボールを蹴って一周できるのはだれだ」と競争しました。

風の強い日でした。

競争を始めてから少しして、向かい風になった途端、ボールが戻ってきて、その上に右足をのっけてしまいました。

「グギィッ」という音と共に、地面にひれ伏しました。

幸い、骨は折れませんでしたが、右足首靭帯損傷で、全治1ヶ月以上の診断。

今は、右足の膝から下全てを、固定していて、松葉杖状態です。

困りました!!!!!

全国送料無料のおためしセット各種(画像中)

December 07, 2005

Mr.&Mrs. Smith

wallpaper_800 公開二日目の、12月4日(日)、大阪に戻っていたおいらは、「ワーナーマイカルシネマズ 茨木」で、「Mr.&Mrs.Smith」を鑑賞してきた。

子供たちは、おいらが既に観ていた、「ハリーポッター炎のゴブレット」を観たいと主張される。

ほぼ同時刻の開始であったため、別れて鑑賞。

シネコンは、現地で別れて観れるという芸当ができるから、便利ですよね。

さて、この映画、カウンセリングシーンから始まったが、所々に、カウンセリングシーンが出てくる。

今までの映画とちょっと違うなと面白さを感じ、映画の中に、はまっていった。

ブラッド・ビット演じる「Mr,Smith」もアンジェリーナ・ジョリー演じる「Mrs.Smith」も、ともにセクシーだった。

アクションあり、お笑いありで、とても楽しめた。

映画のCMでは、二人が銃を向け合うところまでしか流していないが、この後がとても面白いのだ。 

sumisu 殺し屋夫婦が、激しく夫婦喧嘩をやってる。

これがまたセクシーなのだ。

男の視線で見ていると、どんどんアンジェリーナ・ジョリーの厚い唇に心を奪われていきそうになってしまう。

肢体も綺麗で、エキゾチックな眼、セレブなヘアスタイルにもーうやられた!!

おいらも、ブラピのように濃厚なキスを、アンジェリーナ・ジョリーとしてみたくなってしまいました!!!

てなわけで、この作品のおいらの評価は勿論、★★★★★

絶対見て損しない、面白い映画ですよ!

hometheater_468x60

Continue reading "Mr.&Mrs. Smith" »

December 06, 2005

マーカス・ミラーLive

せっかく名古屋に来たので、ブルーノート名古屋に電話。今日は、マーカス・ミラーのライブ。ベースのスペシャリストだ。ファーストステージのカジュアルで8500円。いつもより高めの金額。でも、内容は払うだけの価値あり!さすが世界の5指にはいるベーシスト、明らかに違いが解った。フレットレスベースも自由自在に操り、当たり前のチョッパー奏法!タッピングも披露!ベース小僧にはたまらないライブになった。おいらも、もとベース小僧だったから、この凄さは良く解った。弦楽器は、マーカス・ミラーのベースのみ。ドラム・サックス・トランペット・キーボード・ブルースハープの編成。下手くそなロックのライブより、インプロバイズされた。やっぱり、質の高いライブを観ないと音楽性のレベルは成長しないですね!051206_2003001.jpg

月一度のカウンセリング日

そう、今日は、毎月一度の大学病院でのカウンセリングの日。

昨日の夜から、名古屋に戻った。

カウンセリングの中で、「激しい一定周期の動悸が、今回おこっていた。」ことをいうと、パニック障害の一番多い症例で、たまたまおいらは今まで出てなかった事が判明。

以前は、自律神経が失調して、体温調節ができなかったり、体に冷たい痺れを感じたりしていた。

今回は、新しい症状が起こってきている。

良くなっていると思っていたのに。

多分、先月末頃に、上司に理解されていなかった事で、振り出しに近くなってしまったのだろう。

次回のカウンセリングは、来月上旬。

また、上司に話をして休みをもらわねば。(理解を得られてないと、これが結構ストレスなんですよね)

この病気、なかなか完治するには、難しいです。

コエンザイムQ10

December 04, 2005

土曜日の昼間はバスケットボールで汗を

Brand_125_051129
昨日の12月3日は、大阪に戻って、休日を過ごした。
茨木市民体育館で、関西バスケットチームの練習に参加。
若手が随分増えていて,充実した練習ができた、
5対5の試合形式ができたのは、久しぶりではないだろうか?
2時間の短時間であったが、写真のようにエキサイティングできて気持ちよかった。
多分、来週が最後の監視チームでの練習参加になる。
人がたくさん集まってくれるといいのだが。
バナー 10000013

December 03, 2005

「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」吹替え版

poster_lg0
12月1日(木)の映画の日、観てきました。
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」(吹替え版)を。
場所は、いつもの「ワーナーマイカルシネマズ みなとみらい」。

この映画を見る為に、過去3作のDVDを買って、事前準備をしてきました。
おかげで、今回の第4作目の登場人物等との関係がよくわかって面白かったです。
多分、ハリポタシリーズを観た事がなく、今回の「炎のゴブレット」を初めて見る人は、理解しにくいシーンがあるかもしれません。
gof_poster
今迄の作品の中では、「アズカバンの囚人」が一番面白かったですが、今回の「炎のゴブレット」はそれを上回ると感じました。
今迄以上に、恐ろしいシーンが増えていて、ハリーが成長するのと同様、映画も成長を続けていて、子供向けから、大人向けに進化しつつあると感じました。

今回の、おいらの評価は、★★★★★。


800_wall_1

観たらわかるのですが、このシリーズは、次回にも続きます。
この次の、作品が、待ち遠しく感じます。
ケーキや和菓子468x60

【ストーリー】
ついに決戦の時だ、ハリー。最終章へ向けて、運命が動きだす第4章!

炎のゴブレットとは、三大魔法学校対抗試合の代表選手を選出する、魔法の杯。羊皮紙に自分の名前と所属校名を書いて“炎のゴブレット”に入れた時点で、その者は立候補者とみなされる。学校中を敵にまわしたハリーに、大親友ロンまでもが……! 修復不能!? ハリーとロンの友情に亀裂が走る!どんなときでもハリーの味方でいてくれた大親友のロン。ところが、今回はロンのようすがいつもと違う。嫉妬、不信、行き違い……。異例の代表選手選出にまわりから浴びせられる冷たい視線。今までにない困難に立ち向かわなければならない時に、孤立無援に陥るハリー。今や、ロンもそばにはいてくれない……!初めての恋の予感! クリスマス・パーティはもうひとつの決戦の時?ハリーに気になる女の子が現われた! もしかしたら、それは恋?4年生になったハリーたちが初めて経験するクリスマス・ダンスパーティでは、誰もがおしゃれにドレスアップ。大人びた正装を見せるハリー。見違えるような変身を遂げるハーマイオニー。それぞれ、誰をパートナーに選ぶのか? そして、ハリーの恋の行方は?

ケーキや和菓子468x60

« November 2005 | Main | January 2006 »

July 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

MUSIC CD/DVD & DOWNLOAD St.

Recent Trackbacks

横浜特集

  • 横浜で人気のショッピングモール
    インターネットで購入できるおすすめ商品や情報を、広く紹介するサイト。 横浜のみなとみらいのランドマークPLAZAやQueens Squaer、World Porter等を意識したブログタイプのショッピングモールです。

事務用品・オフィス用品  St.

Podfeed